【知識】釣ったバスを飼育する!!餌は活きエサがキホンだ!

バス釣りは今、最もメジャーな趣味と言ってもよいほど、人気の高いレジャーですよね。

みなさんは自分の釣ったバスを、どうしていますか?ほとんどの方が、釣った池や湖などにリリースしていると思います。

そんなブラックバスを、もし自分の家で飼育出来たら、、、。

そこで今回は、もしブラックバスを飼育できるなら、どのような点に気を付けなければいけないのか、飼育する上で大切なポイントや注意点についてご紹介していこうと思います。

残念ながら、そもそもブラックバスは無許可で飼育できない。

今回ご紹介する記事で、頭に置いておかなければいけないことが「そもそもブラックバスは無許可で飼育できない」ということです。

2005年に施行された通称「外来生物法」によって、ブラックバスを「ペットとして」「新たに」飼育することはできなくなりました。

飼育だけでなく運搬もしてはいけないんです。

バス釣りに行った人が釣ったバスを生きたまま車に運んだとして現行犯逮捕されています。

譲渡も禁止されていますのでペットショップで売ったり、人に譲ったりしてもいけません。

「新たに」飼育することができるのは

  1. 研究目的、教育等の目的で
  2. きちんとした管理ができる設備があって
  3. 許可を受けた場合

この上記の3点が揃っている場合にのみ!

「個人的にブラックバスを研究するから飼ってみたい」と主張して許可が下りるのかどうか、それは実際に飼育の申請をしてみないことにはなんともいえません。

でも今回は、「もしブラックバスの飼育が許可された場合・・・。」を想像しながら読んでみてくださいね。

ブラックバスを飼育する魅力

ブラックバスを飼育する魅力は、他の淡水魚に比べての大きさや旺盛な食欲と言った豪快さです。

特に貪欲な食欲は、多くの釣り人を魅了するほど!!

水槽の中でも元気なブラックバスを眺めることは他の魚を飼育する以上に楽しみになるでしょう。

ブラックバス

ブラックバスは、スズキ目サンフィッシュ科の淡水魚です。特定の種類を指す名称では無く、オオクチバス属に属する魚の総称です。

紡錘形の体型をしており背ビレは2つに分かれて発達しています。大きな口と顎で小型動物を捕食します。

ブラックバスの寿命は、実は正確には分かっていません。しかし通常は10年くらい生き、長い場合には20年近く生きる個体もいると言われています。

なお、ブラックバスは2005年に施行された特定外来生物法によって規制されているため、新たに飼育するには各地の環境事務所等に飼育許可の申請をして飼育等許可証を受ける必要があります。

この法律では、飼育・運搬・放流・譲渡が禁止されており違反すると最悪の場合、最高3年の懲役・300万円以下の罰金が科せられます。

オオクチバス

オオクチバスは、一般的にブラックバスと言われる種類です。「オオクチ」の名前通り大きく開く口が特徴です。目の後ろから尾に掛けて胴体の横に黒い線のような模様があります。体長は大きくなると70センチメートルくらいになります。全国各地に生息しています。

コクチバス

コクチバスは、「コクチ」の名の通り口が小さい種類です。体には虎柄のような模様があります。現時点でオオクチバスより生息域が狭いのですが、徐々に広がっています。

ブラックバスの飼育に必要なアイテム

ブラックバスを飼育するなら、まずはアイテムを揃えましょう。

ここではブラックバスの飼育に必須な3つのアイテムについてご紹介していきます。

1,水槽

水槽は90cm水槽を用意しましょう。但し、90cmサイズ水槽に水を入れると150kgほどになるため、設置場所の強度を考え、補強した場所に設置するようにしてください。
なお、90cmサイズ水槽でも2匹入れると窮屈になるため、1匹で飼うようにしましょう。

2,濾過フィルター

水槽には水質維持のため濾過フィルターを設置してください。濾過フィルターの濾過材は半年に一度のペースで掃除してください。

3,エアーポンプ

水槽にはエアーポンプを設置して空気を循環させてください。

ブラックバスを飼育する上での注意点!

ブラックバスは、特定外来生物法によって放流が禁止されています。

サイズも大きくなる魚のため水槽のサイズも大きくなり、飼育環境を維持するのにメンテナンスが大変な面もあります。

しかし、一度飼い始めたら最後まで責任を持って飼い続けるようにしてください。

またブラックバスの餌は活き餌を与えることになります。活き餌が食べられる姿に飼い主が慣れるまでは、少し残酷に感じるかもしれません。

ブラックバスのエサ

それではブラックバスにどのようなエサをあげれば良いのかについて解説していきます。

活きエサ

ブラックバスは活き餌を食べます。人工餌だけだと体調を崩してしまう可能性があるんです。

活き餌は金魚やメダカなどの小型の魚を与えます。また淡水エビも餌と考えてよいでしょう。

餌は1日1回食べきる量を与えてください。餌を与えすぎると水質が悪化するため注意が必要です。

人口餌

補助的に人工餌も与えて大丈夫です。栄養を補うため肉食魚用の餌を与えるようにしてください。

ただしあくまでも、活きエサの補助として考えるように!

ブラックバスに多い3つの病気

ブラックバスを飼うということは、もちろん魚の命を預かるということ!もし病気にかかった場合には、しっかりと治療してあげる必要があります。

そこでここでは、ブラックバスが発症しやすい3つの病気についてご紹介していこうと思います!

1,白点病

白点病は、小さな白い点が体表に付き、ひどい場合には全身に白い点が広がる病気です。

原因は寄生虫で、急激な水温低下などで発症する可能性があります。

水替えの時には水温が低いまま行わず、適温まで温度を上げて行うようにしましょう。

もし症状が出た場合は薬浴で対処!!

完治させるためには治療中に白点が消えてもそのまま一週間ほどは続けてください。

また、ヒーターで水温をゆっくりと上げることで、治療を早めることが可能です。

2,尾くされ病

尾くされ病は、細菌が原因の病気です。水質の悪化により発症するため、発症した場合にはまず水替えによって水質改善を行います。

この病気に掛かると治り難く、エラに感染すると呼吸困難を起こし命を落としてしまう可能性もあります。細菌が繁殖できないよう塩浴し治療するようにしましょう。

3,水カビ病

水カビ病は、体表に水カビが付着し、白い綿が付いているように見える病気です。

外傷を負ったり、体力が低下している時に発症しやすくなります。

発症した場合には、体表に付いた白い綿のような水カビを取って薬浴を行います。

参考動画がコチラ!

まとめ

今回は、ブラックバスを飼育するうえで知っておくべきことについてまとめてみました。

自分の釣った魚を自分で飼育すると思うと、バス釣りの魅力がもっと深まるのではないかと思います。

ただし、軽い気持ちで飼育するのはダメ!!いくら魚でも一つの命ですので、責任をもって飼うようにしましょう。

もしこれからブラックバスを飼う予定がない方でも、豆知識として今回の記事を参考にしてみてはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です