【閲覧注意!!】「度胸試し」から危険な事故へ。海の恐ろしさを多くの釣り人に・・・。※閲覧には注意してください。

今回ご紹介する記事は、釣り人が関係している事故ではないものの、波の恐ろしさをぜひ多くの釣り人にも知ってほしいと思い投稿しました。

小型船舶でのライフジャケット着用は平成30年に義務化されたものの、今だ着用していない人も多くいるのが事実・・・。

この機会にぜひ、1人でも多くの釣り人にライフジャケットの着用を呼び掛けていきたいと思います。

「度胸試し」から危険な事故へ

茨城県神栖市で、初日の出を見に来ていた高校生2人が高波に飲まれるという事故が起きました。1人は自力で岸に上がったものの、もう1人の死亡が確認されました。

この事故が発生した当時の瞬間を、同じく初日の出を見に来ていた人が偶然撮影していたようです。

事故が起きる瞬間は本当に見ているしかなく、また、波の高さを見ると助けに行くのがどれだけ難しいのかというのを実感させられます。

 

動画では初め、美しい初日の出。

カメラを手前に引くと、波打ち際に2人の男性の姿が見えます。6人で初日の出を見に来ていたという高校生グループで、そのうち2人が「度胸試し」と称し、堤防の上まで行っていたそうです。

堤防の上へとあがってきたところへ巨大な高波が……、足を取られ海中へと落ちてしまいます。

なんとか堤防のところまで戻りますが、波が強くなかなかあがることができません。 第二波、第三波によって、ふたたび海へ落とされてしまいます。

ただ、苦戦はしているものの、そうだと知らなければ水遊びしているだけにも見えてしまうのが怖いところ。

映像はそのまま引きになり、一度終了となります。

続く動画では、場面が切り替わり、3人の姿が映っています。

先ほどの映像に映っていた2人のうち1人は自力で岸に上がりましたが、向こう側にいた1人は流されてしまったそうで、それを岸壁に残っていた友人が助けに向かったところ、友人も流されてしまったそうです。

左端に映っているのが助けに行った友人の姿で、右の2人はそれをさらに助けに向かったサーファー。

2人のサーファーは助けに行った友人のところへたどり着きますが、かなり波が高く姿が見えなくなることも。

なんとか合流はしましたが、幾度となく、大きな高波に飲み込まれてしまいます。

それでも確実に岸へと近づいていく3人。やっとの思いで無事、二次遭難は防がれました。

しかし、最初の動画に映っている、奥側の男子高校生は後日、近くに住む男性が発見。死亡が確認されたそうです。

【閲覧注意!!】実際の動画がコチラ

動画には実際に亡くなられた方が流されている映像も映されていますので、再生には十分ご注意ください。

動画1

動画2

釣り人も高波に要注意!!

参考記事がコチラ⇒【死の防波堤】これまでに68人(現在71人に更新)が死亡した、日本一危険すぎる釣り場。

必ずライフジャケットを着用すること!!

自分だけは事故に合わない。天気の悪い日は釣りに行かないから大丈夫!

なんて慢心していたらダメ!!

海に行くなら必ず、ライフジャケットを着用するようにしましょう。

自分の身を守るためにも、周りの方に迷惑をかけないためにも、そして、家族や恋人を心配させないためにも、必ずですからね。

参考記事⇒【安全第一】みなさん、ライフジャケットの着用は義務ですよ!!平成30年から全面義務化になりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です