エギングのスペシャリストになろう!!コツは潮の流れと海底の地形!?【場所選び編】

釣りをする際に一番迷うであろうポイントが、釣りをする「場所選び」です。

エギングも例外ではなく、釣りをする場所によって大きく釣果がことなってきます。

そこで今回は、イカ釣りをする際にはどのような場所で行うと良いのか。いくつかのポイントについてご紹介していきたいと思います。

FishingerBoy さん
イカがいないと、いくら敏腕があっても釣れるワケないからねぇ

イカの集まりやすい場所とは?

エギングで特にメインとして狙われているのが「アオリイカ」。

このアオリイカを岸から釣るためには、彼らが集まりやすい場所を知ることが最も大切です。

  • 堤防
  • ゴロタ場

など、アオリイカはほぼすべての場所で活動することができますが、やはり、イカにも住み心地の良い場所というのは存在するんです。

例えば、エサとなる小魚がたくさん生息する海域や、産卵に適した場所などが代表的ですが、そのような場所を海岸から直接狙うとなると、実際にはかなり難しいくなってきます。

では、現実的にどういうところがイカを釣る際に最適なポイントになるのでしょうか。解説していきます。

環境によっては1年を通して狙える「堤防」

堤防はエギングがしやすいポイントの1つ。

イカにとってのエサが豊富で地形も変化に富んでいるため、集まりやすい環境が整っているのが特徴です。

その際、堤防で1番チェックしておくべきポイントが「先端部分」!

先端部分は潮の流れがぶつかりやすかったり、複雑に流れたりするため、エサとなる小魚が集まりやすく、最高のポイントになる場合が多いです。

エギが届く範囲に舟道などがあれば、かけ上がり部分もポイントになるかも!!。

また、根が多く点在し近くに深場があるような堤防であれば、真冬でもアオリイカを狙う事が十分可能でしょう。

FishingerBoy さん
潮の流れがポイントなんだね!

次にチェックしたいのは、堤防の基礎部分やテトラの障害物周り。

こうした場所はエサが豊富なため、絶好のポイントになるでしょう。

さらに、沖にある隠れ根の周りもしっかりと狙っておきたい部分なんです。

最初は隠れ根を見つけられないかも知れませんが、日中に高い場所から海を見ると、周囲より濃い色をしている部分や黒ずんだ部分があるはず!

こうした場所には海底に隠れた根があるため、イカが集まりやすい場所になっています。

また、春先に海藻が根付きやすいところであれば、大型のアオリイカが産卵に寄ってくる可能性が高いため、狙うべきポイントといえるでしょう。

イカの活性が高いのは磯

磯はその周囲のすべてがポイントになるといっても良いです。

複雑な地形は多くの小魚を生育し、その小魚を求めてアオリイカも訪れます。

磯の場合は根や潮目、潮目の周囲などの変化のある場所がポイントになることが多い!

だだ一つ問題になるのが、磯はその複雑な地形の特質上、エギの着底が分かりづらい・・・。そのような場合は、表層からカウントダウンしていく方法がいいでしょう。

最初は15秒、次は20秒などと、少しずつカウントダウンを長くしていくと、エギがそこにあたる感覚をつかむことができるはずです。

また、このような場所では、潮流が速くなっていることも多いでしょう。

どうしても潮流によって釣りづらい場合には、シンカー部分に糸オモリを追加してあげると、沈下スピードを自在にコントロールできるようになります。

ただし、あまり自重を増やすと根がかりの原因になるので要注意!

最終的には実績のある釣り場がベスト!

アオリイカのポイントは冒頭でも述べたとおり、いたるところにあります。

代表的な防波堤や磯、ゴロタ場などを中心に、エサとなる小魚の存在や産卵場所などが複合した環境になっているポイントが最有力になるでしょう。

とはいえ、エギングを始めたばかりのアングラーが、すぐにそうしたポイントを開拓できるかというと、これがなかなか難しい!

私自身もエギングを楽しむときは、ポイント選択に苦しむことが多々あるんです。

久々に訪れたフィールドの場合はなおさら、その年の傾向や地形、潮流の変化が読み取りづらいケースが多い・・・。

そんなときはあまり難しく考えず、とりあえず実績のあるポイントを探すほうが良いでしょう。

地元の釣具店にお邪魔して近況を聞くのも悪くないし、そのフィールドがメインの釣りチームに事前に状況をチェックしてもらうことも良いです。

そういったこと以外にも、防波堤や磯をよく観察すると、まるで墨汁をこぼしたような痕跡を見つけることがあります。

これはアオリイカを釣り上げたあと、スミを吐いた証拠!

もちろん、スミ跡は新鮮なものほど良いですよ。悩んでしまったら、こうした痕跡を見つけてその場所で粘るのもアリですね。

アオリイカがよく釣れる実績ポイントは、ここで説明した環境が揃っているケースが非常に多いんです。

潮流、根、障害物、カケアガリ、海草、そして実績ポイント!これらの状況をよく観察し、ポイントを絞り込むのもこの釣りの楽しみのひとつですね。

FishingerBoy さん
自分だけの場所を見つけたら、毎年安定して楽しむことができるね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です