【知識】『天気』が釣果を左右する!?釣りをするなら、天気の変動を読み取れるようになろう。

天候や潮の知識

天候や潮流の変化は魚の行動に密接な関係があり、それが釣果に影響を及ぼすのは釣り人ならずともよく知られていること。

例えば、晴れより曇りの日が釣れるとか、小潮の時は潮が動かないという定説がある。

これは間違いではないのだが、必ずしも正しいというわけでもない。

要はその変化によって釣り場の環境がよくなるのか悪くなるのかが大切で、それを判断するためにはその変化が魚や釣り場にどのような影響を及ぼすのか知っておく必要がある。

また、安全面に気を配るのも忘れてはいけない。予報で天気が大きく崩れそうなときの釣行は避けるのはもちろん、釣り場での天気の変化にも注意することが大切です。

天気予報を活用する。

自然の中で釣りをする限り、気象との関係は無視することができない。

だれしも、シケの中で釣りをやりたいとは思わないだろう。

こんな嫌な思いをしないためには、天気予報の有効活用が必須だ。

現代ではテレビや電話に加えて、インターネットで手軽に天気予報が見られるようになっている。

しかも、ピンポイント予報もあるため、細やかな釣果計画が可能だ。

釣りに必要な情報は雨の予報もあるが、一番重要なのは風だ。

風が吹くと海が荒れるし仕掛けが投げづらくなる。

なにより、魚の活性に大きく影響するからだ。

特に魚は海水温に敏感なため、急激な水温変動は食欲を大きく下降させる。

 

ここまでは釣りに行く前の情報収集だが、釣行日の天候の変化も見逃せない。

だいたいは空を見上げれば雲の動きや色などで天候の悪化は察しがきくが、突然の雷雨などには注意が必要だ。

ほとんどの竿がカーボン繊維を含んでいるため、落雷の可能性がある。

たとえ遠くでゴロゴロと音が鳴っても電気の影響が全くないとは言えない。

雷の音が聞こえた場合は、しばらく竿を置いて様子を見るようにしよう。

雲の種類

巻雲 すじぐも。春と秋空の風が強い日に現れる。天気が崩れる前兆。
巻積雲 いわしぐも。1~2日後に雨を降らせることがある。
巻層雲 うすぐも。空に広く広がる雲。数時間後に雨を降らせることも!!
積雲 わたぐも。夏の晴天時に出る雲。大きくなると積乱雲になる。
高層雲 おぼろぐも。太陽や月の形をぼやかせる灰色の雲。すぐに雨を降らせる。
高積雲 ひつじぐも。巻積雲と似ており、うろこ状に見える。
積乱雲 にゅうどうぐも。低い場所から空高く発生する。豪雨や飴を降らせ、雷を起こす。
乱層雲 あまぐも。暗い灰色の雲で雨や雪を長く降らせる。

潮汐表の活用

海は絶えず水位を変えている。

これは月の引力によるもので、変動幅の大小も大きい。

潮が満ちてきて水位が上がる時間帯を上げ潮、潮が引いて水位が下がる時間帯を下げ潮と呼ぶ。

この潮の動きが魚の活性に与える影響は大きく、釣果を左右する要因ともなっている。

一般的に外洋の魚は上げ潮、汽水域の魚は下げ潮のときに釣れやすいとされている。

潮汐による時合

釣りでいう「時合」とは、魚が活発に捕食する時間帯のこと。

それはちょっとした潮の流れの変化だったりするが、潮の上げ下げの時間を知ることでも釣れる時間帯の予想が可能だ。

月の引力により潮の満ち引きが発生し、その大きさも変わってくる。

潮が動かない時間帯(上げ潮や下げ潮の間にある潮止まり)や、潮汐に関係なく潮が止まっているときは魚の杭が落ちる傾向にある。

半面、潮流が一定方向に流れているときや潮の変わり目(潮止まり前後2時間ほど)では、入れ食い状態になることもある。

このことから、釣れる時間帯を潮汐表などで事前に予想することができる。

一般的な潮汐による時合は、大潮から小潮へと潮が小さくなる周期にある中潮(下り中潮)で、潮止まり前後の2時間がベスト。

しかし自然を相手にしているわけで、その時間に潮が動かなかったり、流れる方向がいつもと違う場合がよくある。

時合を逃さないためにも、数時間前から狙うようにしよう、

Point!!

大潮、中潮、小潮、長潮、小潮、若潮、中潮、大潮と繰り返される。

潮の1カ月は30日ではなく、29日と30日の月があるため、およそ29.5日周期である。

これは不定期にやってくるので、旧暦の記載してあるカレンダーを見れば、何月が30日月で何月が29日月であるかがわかる。

旧暦の1カ月が29日ある月は、大潮が3日間のときがあり、旧暦が30日ある月は大潮が4日間ある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です