エギングのスペシャリストになろう!!釣り方のコツはシャープに合わせること!【釣り方編】

プレッシャーが掛かっていなければ比較的簡単に釣れるアオリイカですが、エギング人口の増加によって、以前よりも釣れづらくなっていることも事実。

ここではエギのシャクり方や、アタリの取り方について解説します。

FishingerBoy さん
さぁエギングは腕のがものをいう世界だ!(^^)/

しゃくり(ジャーク)

イカを誘うのに欠かせないのがしゃくりで、別名ジャークとも呼ばれます。

キャスト⇒着底⇒しゃくり⇒フォールという一連の流れが、エギングの基本です。

2段しゃくりやスラックジャーク、ショートジャークといった様々なアクションを織り交ぜ、イカに見切られないようにエギを操りましょう。

フォール

実はエギングをする上で、しゃくり方以上に大切なのがフォール

イカのアタリは、しゃくった後のフォールに集中します。シャクった後はラインにテンションをかけて、カーブフォールさせていくのが1番のおすすめ!

フォール中はラインのテンションを一定に保ち続け、エギが不自然に動かないようにするのがポイントです。

FishingerBoy さん
いかに自然な動きに見せるかがポイントか!(*’ω’*)

アタリ

エギングのアタリはラインで判断するのが一般的で、ラインが張ったり、緩んだりする変化を敏感に感じ取れるようにしましょう。

アタリがあったら鋭くシャープに合わせることをが大切!

夜はラインが見えないため、なるべくラインテンションを掛けてロッドでアタリを取るとよいでしょう。

ドラグはあわせたときに少し滑るように設定しておくことで、PEラインのあわせ切れを防ぐことができますよ。

FishingerBoy さん
イカのアタリって意外とわかりにくいんだよねー・・・(;_:)

エギのカラーローテーション

エギのカラーローテーションは楽しみのひとつ!

アピールの強い金や虹色のテープから始め、徐々にアピールの弱い銀や赤テープに替えていくと良いでしょう。

最近では「ケイムラカラー」や「ブルー夜光カラー」がトレンドカラーになっていますよ。

サイトエギング

サイトエギングとは、見えているイカを目の前で釣ることです。

目視でイカを確認しながら釣ることができるので、普段の釣りとはまた違った楽しさを味わうことができます。

イカはシーズンになると表層近くにいることもあり、サイトフィッシングで狙うことも可能!

FishingerBoy さん
見えているのに釣れないときって、なんだかもどかしい(>_<)

とくに、小型のアオリイカが多い秋は、サイトエギングのベストシーズンになります。

エギのアクションを目で確認しつつイカの反応を見ることができますので、上達が早くなる釣り方ともいえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です