【道具選び編】船の上からタチウオを攻略するぞ!!ジギング

夏のシーズンが最盛期のタチウオ。

キホンは切り身を使ったエサが主流ですが、最近ではジギングで釣るルアータチウオも人気なんです。

エサとルアー半々で出してくれる釣り船さんも??

今回は、初心者にもオススメのルアータチウオについて解説していきたいと思います!

FishingerBoy さん
タチウオってあの、ギザギザの歯がコワイヨネ・・・(;_:)

ロッドとリールの選び方

さっそくですが、タチウオ用のタックルを紹介していきます。

ジギングではフォール中のアタリがとりやすい両軸(ベイト)リールタックルが基本です。

ソフトルアーなどを使うときには、キャストすることが多いので、扱いやすい「スピニングリール」がよいでしょう。

竿はライトジギング用やM~Hクラスのバスロッドなどを流用することが可能!

リールについてはPE0.6~1号を200m以上巻けるリールがおすすめですよ。

FishingerBoy さん
タチウオは歯がコワイ・・・(;_:)

ルアーの選び方

それでは、タチウオをルアーで釣る場合なのですが、タチウオを釣る際にはメタルジグが基本。

重さは水深や潮の速さなどにもよりますが、おおむねオールシーズンで80~150gがオススメです。

その日の天候や、潮の流れによって使い分けるようにしましょう。

FishingerBoy さん
タチウオコワイ・・・(;_:)

リーダー

PEラインを使用するルアー釣りでは、根ズレ防止のためリーダーの使用が定番!

タチウオの場合も1号以下の細いPEと50ポンドクラスの太いリーダーの結束を行います。

またキャストすることも少なくありませんので、ガイド抜けのいいリーダーにPEを編み込んでいく摩擦系ノットが最適でしょう。

タチウオは歯が鋭く、太いハリスでもスパッと切られることがあるため、リーダーの先にさらにバイトリーダーを組むこともあります。

しかし、金属製のワイヤーリーダーはオマツリした場合ほどきにくく、いざというときに切るのもひと苦労・・・。

また、東京湾では使用しないのが暗黙の了解となっていますので、注意してくださいね。

FishingerBoy さん
ほら・・・(;_:)

フック

タチウオを釣る際のフックなのですが、バーブレストリプルフックが一般的です。

バーブレストリプルフックとは、碇のような形をした3本の針がついているフックのこと。

フロントにスイベルとスプリットリングが付いたアシストフックを取り付けます。

アシストフック側にリーダーを結び、ジグの交換はスプリットリングで行うと効率的!

スプリットリングオープナー付きのプライヤーも忘れずにつけるようにしましょう。

その他にあれば嬉しいアイテム

これまでにもご紹介してきたように、タチウオは歯がとっても鋭い魚!

タチウオ特有の歯の鋭さから、高切れやリーダー切れが多く発生してしまいます。

ですので、事前にタチウオ狙いであることがわかっているのであれば、リーダーやミチイトの予備も余分に持参することが大切!

タチウオはみなさんが思っている以上に、糸を噛み切ってしまう生き物ですよ。

また、フックを外す際にも噛まれることがありますので、安全のためにもロングノーズタイプのプライヤーと、フィッシュグリップあると便利でしょう。

FishingerBoy さん
コワイ・・・(;_:)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です