【知識】こんなルアー見たことない!!バス釣りで使える様々なルアーを『総まとめ』。

バス釣りで使われるルアーの種類は、数えきれないくらい多い。

大手メーカーが販売しているものだけではなく、個人のルアービルダーやご当地ものまでと、はっきりと把握できないほどある。

どの種類にも属さないようなルアーもあるが、ここでは一般的に使われているバス用ルアーを大別してご紹介しよう。

ハードルアー

ミノー

元々は魚型ルアー全般のことを言っていたが、現在は細分化されており、小魚に似せた形状の細身のルアーを主に指す。

リップが付いている商品が多いが、リップレスミノー(リップがないもの)もある。

このリップの形状や角度、大きさにより、ルアーが潜る水深を調整している。

ミノーは浅い水深を狙うものが多く、リップが大きめで深く潜るタイプはダイビングミノー

さらにリップが長いものをロングビルなどと呼び、こちらは深場を狙うのに適している。

ペンシル

リップがないのが特徴で、鉛筆(ペンシル)のような細長いルアーである。

ミノーと同様、フローティングとシンキングがあり、バス釣りではフローティングが一般的である。

水面で頭を上下させながらぴょこぴょこと進む様子のアクション「ドッグウォーク」が有名。

引っ張るだけではほとんどアクションしないから、ロッドを動かしてルアーにアクションさせながら狙う。

クランクベイト

おかっぱりのバス釣りではオールラウンドで活躍するタイプ。

ずんぐりした小魚のような形状のものが多く、水を大きく受けるリップが付いている。

潜行深度別に、

  • 浅層⇒シャロークランク
  • 宙層⇒ミディアムクラス
  • 深層⇒ディープクランク

がある。

ほぼフローティングタイプで、ルアーを引くと大きく沈み、リップを下にしてルアーは90℃立ったような状態で進む。

水深が浅ければ底まで到達して底にリップをこすりながら砂煙を巻き上げて進んだり、障害物に当たると寝るようなアクションの変化を起こして進む。

浮力があるため、ルアーを引くのをやめるとさっと浮き上がり、障害物を回避する行動も得意。

シャッド

サイズや形はミノーとクランクベイトの中間的存在。

リップはルアーと並行にセットされているものが標準で、アクションは細かいピッチでブルブルと揺れながら動く。

ルアーアクションはロッド操作と巻きの速度、ストップなど任意で行い、バスを誘う。

潜行深度もクランクベイトと同様、シャロー・ミディアム・ディープがある。

ホッパー

水面や超浅層を狙うときの代名詞的なルアー(トップウォータープラグ)。

ルアーの前方に、魚が口を開けたようなカップが付いており、ルアーを引くたびに水を噛んでシブキ(スプラッシュ)や波と同時に音(ホップ音)を立てる、動作と音で誘うルアー

音やシブキの意味は小魚が逃げる様子や、魚が獲物を食べる音を演出している。

基本操作はルアーを引いて止める(ストップ&ゴー)の繰り返し。

リアフックに羽を取り付けたもの(フェザーフック)も多い。

意味は、ルアーの無駄な動きを抑制したり、フックをカモフラージュしたり、吸い込みやすくしたりといろいろだ。

ビッグベイト

大型バスを狙ったルアーで、主に15cm(約6in)以上のルアーを指す。

重量も2oz(約57g)以上あり、100g以上のルアーも多く販売されている。

バス釣り用のタックルは比較的ヘビーなものが多いが、さすがにビッグベイトは別格で、扱えるロッドや適したライン号数が必要である。

メガトン級のアピールで狙うバスは、釣れるサイズも当然ビッグなので、釣れた時の喜びも大きく近年一番人気のルアーだ。

バイブレーション

リップがなく、ブルブルと小刻みな振動をしながら進むのが特徴のルアー。

主に平たい魚の形状をしている。

遠投性・操作性に優れており、任意のレンジ(水深)を手早く狙うことが可能。

ルアーを引く速度により、横方向や縦方向、斜めと自由に狙えることからサーチベイト(状況を探るルアー)にも適している。

材質はプラスチックに鉛などの金属を仕込んだものがほとんどであるが、金属のみのメタルバイブもある。

フロッグ・マウス

 

カエルやネズミに限らず、生き物に似せた見た目で、大型のフックにカバーを被せたルアー。

魚が噛みつくとカバーが潰れてフックがむき出しになり、魚に掛かる仕組み。

バス釣り以外に特に雷魚狙いに有効なルアーである。

フックが隠れているため根掛かりに強く、カバー(水面に覆い被さるように枝や草が生い茂っているようなところ)や、リリーパッド(浮草が生い茂っている場所)などでもストレスなく狙うことが可能。

ただし、まったく引っ掛からないわけではないので、ラインは太めで使用するようにしよう。

スウィッシャー

ペンシルなどにプロペラがセットされたルアー。

フロントとリアのダブルタイプと、リアのみのシングルタイプが主流。

プロペラの数は、複数枚セットされたものもある。

水面で操作した場合、プロペラが回り水しぶきをあげて大きくアピールしてバスの興味を引く。

ずっと引き続けるのではなく、アピール→ストップなど、食わせるタイミングを作るのがコツ!

シンキングやサスペンドタイプもある。

ノイジー

トップウォータープラグで、派手な音やシブキでアピールするルアーのこと。

  • クローラー系(羽根もの)⇒羽根を横に広げたようなタイプ。
  • ジッター系(カップ)⇒ルアーの前にスプーンを横にしたようなカップがついているタイプ。ラトルやジョイントもある。
  • バド系⇒飲料缶にリップとリアにブレードがセットされたものが基本形。ビールのバドワイザー缶を模したルアーが有名で、名前の由来にもなっている。見た目は小さいが意外と大型が食ってくるルアー。

バズベイト

大きめのプロペラ(金属やプラスチック製)とコの字型に曲げたワイヤーの反対側に、ラバースカートとフックがセットされたトップウォータールアー。

ロッドを立ててルアーを引くのが基本。

フローティングではないので動かさなければ沈んでいくが、裏ワザ的に沈めて使う場合もある

基本はタダ巻きで使い、状況によりトゥイッチやストラクチャーへのコンタクトを織り交ぜて食わせのタイミングを演出する。

スピナーベイト

見た目はバズベイトと似ているが、ワイヤーはへの字型になっており、片方にブレード、もう片方にラバージグ(頭付きのラバースカート)がセットされている。

ブレードが特徴的で、色違いやサイズ違いが複数枚セットされているものも多い。

操作性が良いため、広範囲を手早く探るのにも適している。

スピンテールジグ

バイブレーションを小さくしたような金属製の本体と、ブレード付きリアフック装着が特徴。

アピール力はダントツで高く、ただ巻いてくるだけでも誘えるルアーだ。

宙層イカを狙うのに適している。

メタルジグ

平たく細長い形状の金属製ルアー。

重量感があり風の影響を受けにくい形状から、遠くの深場を狙うのに適している。

海のルアー釣りではメインの1つとなるルアーだ。

ラバージグ

シンカー一体型のフックに、ラバースカートがセットされたもの。

トレーラーとしてワームをセットすることが多い。

ボトムバンプ、リフト&フォール、シェイク、チョウチンなど多彩なアクションが行える万能なルアーだ。

チャターベイト

ブレードが付いたらラバージグと同じ。

ルアーを引くことでブレードが揺れ、フラッシング(光の反射)と金属音でアピールする。

ブレーデッドジグとも呼ばれる。

そのままでも使えるが、フックにワームをセットして使うのも一般的でオススメ!

アクションががらりと変わり、違うルアーとして使用できる。

スプーン

 

その名の通り、スプーンの先にフックを取り付けたようなルアー。

光の反射により点滅効果で魚を誘う

基本バス釣りではあまり使われないが、管理釣り場やトラウト系の魚を狙う場合は定番となっているルアーだ。

操作性が良く、リフト&フォール(上下の誘い)やタダ巻きで狙う。

バスが一度かかったルアーには食いつかないという性質から、人が多い釣り場では大きな効果を発揮する場合もある。

ソフトルアー

ストレート

太さに多少の変化はあるが、真っすぐな形状のワーム。

使い勝手がよく、ほとんどの場所で使うことができる。

フックへの装着はもちろんのこと、基本はシンカーとセットで使用するが、塩などを仕込んだ比重の大きいワーム(ソルト入りワーム)もあり、ノーシンカーで使うことも可能だ。

スティックベイト

棒のような、太さに変化のないストレート系のワーム。

見た目ではわかりにくいが、小魚などを演出できるワームである。

使えるリグが多く、好んで使用するアングラーも数多くいる。

ピンテール

尻尾が細くなっているワーム。

ブルブルと震える動き。安定したアクションでバスの食いを妨げない動き。

ジグヘッドリグで使う一般的なタイプだ。

カーリーテール

テール(尻尾部)が平たく、丸くカーブしているのが特徴で、長さはいろいろなものがある。

水の抵抗を受けるとテールがくるくるとアクションする。

ストレート系よりもアピール力が欲しいときに使用する。

テール部分をカットするなどして、現場ですぐにアクションを変えることもできる。

グラブ

ボディがずんぐりしているカーリーテールのワーム。

短めのものが多い。

引くとブルブルとアクションする。

シャドテール

水を受けるとテールが小刻みにアクションする。

テールのサイズは大きいほどアピール力も増す。

パドルテール

カヤックのパドルに似ていることから、この名前が付いた。

尻尾をゆらゆらさせるアクション。ボトムバンプやリフト&フォールに使いがってが良い。

チューブ

中が空洞になっているワーム。

テールをジャバラに切ってあげると、ひらひらとアクションさせることも可能

ホッグ・クロー

甲殻類を模したワームで、ザリガニ形状が基本。

バスが甲殻類をよく捕食する時期に有効活用される、ボトム中心に探るワームだ。

スイムベイト

魚に似せたワーム。

シャッドテールタイプが主流で、引いてアクションをさせて使う。

大型狙いにも有効だ。

フォーミュラ(匂い付き)ワーム

匂いや味をワームに添加して誘う効果を増す。

ワームオイルなど液体が主流だったが、近年ではパウダータイプも販売されており、より効果が上がっている。

表面を潤わすだけでなく、漬け込むなどマニアックな使い方もされている。

まとめ

いかがだっただろうか。

今回はバス釣りで使用されることのある、メジャーなルアーからマイナーなルアーまでのすべてをご紹介してきた。

バスは頭がよく一度食いついたルアーには見向きもしないという定説があるため、バスが釣れない場合にはこまめにルアーを変更してみることも大切!!

これまでご紹介してきた数々のルアーを参考に、バス釣りの腕をさらに磨いてみてはどうだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です