【必見!!】最強の釣り用防寒着をご紹介!!「登山用」防寒着はやめといた方が良い・・・。

2018年も寒い冬の季節が近づいてきました!

夏場は暑くて耐えられなかった堤防も、凍え死んでしまうんじゃないかと思うほど冷え込むため「防寒着」を用意しておきたいところ。

アウトドア・釣りメーカー各社から様々な防寒着が発売されていて、価格帯もさまざま。

防寒着があるだけで、冬の釣りLIFEをさらに楽しむことができますので、今のうちに購入しておきましょう。

そこで今回は、アウトドア・釣り用防寒着の違いと、最新防寒着のおすすめ製品を紹介していきます!

これらを使えば、寒い季節でも全く問題なく釣りを続けられますよ。

釣り用防寒着に必須の性能とは

真冬であっても、地域によっては特別な防寒着を着用せずとも問題ない場合があります。

しかし、自然を舐めてかかったら絶対にダメ!!場合によっては命を落としてしまう危険性もあります。

特に海は、急に冷え込みが激しくなるため「専用防寒着」が必須のアイテムでしょう。

釣り用防寒着の特徴はいくつかありますが、特に注目しておきたいポイントがコレ

  • 風を通さないウィンドブレーカー
  • 雨をはじく素材
  • 中綿の量が多く、内側で熱を保持してくれるもの
  • 野外で活動しやすい立体裁断仕様

現在販売されている防寒着にはさまざまなものがありますが、これからご紹介する項目をチェックしながら、自分の予算と見比べて購入するようにしましょう。

防風性能と中綿の量

冬の海は冷たい風が強烈に吹き付けるので、体感温度はゆうに氷点下となってしまいます。

ですので、釣り用防寒着には当然「保温性能」が求められます。

防寒着の暖かさは「中綿の多さ(体温を保持できる空気の層をつくる)」「生地の防風性能(風を通さない)」で決まってくるので、特に上記2つを重視しておきましょう。

メーカーや製品によって様々なタイプの防寒着が用意されていますので、使用する地域の外気温にあったモデルを選択することが大切です。

動きやすさ・立体裁断仕様

釣り用の防寒着は、防寒性を高めるためにゴワゴワした作りになっていることが多いのですが、最近では製品もかなり進化しており、竿を振る・リールを巻くと言った動作をしやすい「立体裁断仕様」の商品が多く販売されています。

体を冷やさないように、大動脈周辺は確実に防寒できるような設計で、腕まわり・膝まわりなど動きに大切な部分には、少し余裕ができるように作られています。

実際に着用してみると、普段着ているダウンジャケットよりも圧倒的に動きやすい印象を受けました。

ただし、アクティブすぎるスポーツには向かないかな・・・といったところ。

自分に合った防寒着を手に入れるためにも、購入する前には1度試着してみることが大切かもしれませんね。

登山用の防寒着は基本的にダメ!

登山用の防寒着は、常に動き続けることを前提に作られているため、防寒性能は低め。

登山では汗をかいた状態を作りだしてしまうと死に至る危険性があるため、釣り用防寒着とは逆に、通気性を重視した設計になっています。

つまり、魚のアタリを待っている時間が多い釣りでは、登山用の防寒着は向きません。

もしすでに登山用の防寒着を購入してしまった方は、少し肌寒くなってきた秋やアクティブな動きをするルアーフィッシングなら重宝するときがあるかもしれませんね。

撥水性能・通気性

海で釣りをしていると、不意の雨や波しぶきを被ってしまうこともありますよね。

水分が付着すると、防寒着がすぐに汚れてしまうだけでなく、体温が一気に低下してしまう原因になります。

そこで大切なのが「撥水性能」です。

特に中綿の多い防寒着は、一度濡れてしまうと使い物にならなくなることも!!

撥水性能は、別売りで売られている防水スプレーなどでもカバーすることができますので、ぜひ相性を1度確認した上で購入することをオススメいたしますよ。

防寒性能+通気性ならゴアテックス

防寒性能だけなら、綿の量を増やすことで高められますが、同時に通気性も確保しようとすると「ゴアテックス」のような高級素材の防寒着を購入する必要があります。

ゴアテックスは高級素材と言われているように、予算がかなり跳ね上がってしまいますが、最近ではメーカーの努力もありかなりお手頃な値段になっているものもあります。

ゴアテックスの凄さがわかる動画がコチラ!!

最強の防寒着はコレだ!

ダイワ(Daiwa) レインウェア ゴアテックス ウィンタースーツ DW-1908

冬場のフィッシングシーンに応えるオールラウンドモデル

表地はGORE-TEXファブリクス2層素材を採用。

ジャケット裾に装備されたスピンドルを絞り込むことにより、冷気の進入、暖気の流出を軽減。

ウエスト部に搭載したアジャストベルトは、ウエストサイズの調整可能。

雨天時、極寒時の長時間着用にも快適な着心地をもたらし、安心感を与えてくれる多用途モデル。

SPEC

・ジャケット左右には大容量ポケットを配置

・各所に配置したポケットは止水ファスナーを採用

・パンツのサスペンダーは取外し可能

・ウエストサイズ調整が可能なウエストアジャストベルト

動画インプレッション

詳細はコチラ⇒ダイワ DW-1908

ゴアテックスのメンテナンス動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です