【爆釣!!】エギングシーズンがついに到来!!秋のイカは初心者に最適なイカだった!

秋のアオリイカシーズンが開幕!

ターゲットは、春に生まれて胴長20cmほどに成長した新子のアオリイカです。

好奇心旺盛でエギにも果敢にアタックしてくれるため、エギング入門には最高の季節となります。

これからエギングを始めるという方は、この記事を参考に、ぜひ楽しいエギングライフを始めてみませんか?

エギングの魅力

エギングは誰にでも手軽にできる釣りとして大人気!

陸っぱりエギングのターゲットとなるのは、やはりアオリイカです。

季節によっては大型のアオリイカも釣れるため、ロッドを極限までうねらせ、ドラグをジャンジャン滑らせるスリリングな釣りが楽しめます。

そして、いよいよ待望の秋シーズンには、胴長15~20cmの新子サイズが数多く釣れ初め、サイトフィッシング(目の前で釣る釣り方)でイカの行動確認もできるのがとても楽しい!

他にも、警戒心の弱い小型のイカがターゲットになるので、初心者の入門にも最高の季節といえるでしょう。

もちろん、釣ったアオリイカを料理して楽しむのも、エギングの魅力のひとつですね。

エギングのシーズンはいつ?

アオリイカが釣れるのは、春5~7月の親イカシーズンと、秋9月~12月ごろまでの子イカです。

春の親イカ狙いは、アオリイカの産卵シーズン前。

浅場の海藻類に卵を産みつけにやってくるアオリイカを狙うため、キロ単位の良型が狙えます。

産卵を意識した個体を狙うため、ポイントはホンダワラやアマモなどの海藻が狙い目となるでしょう。

そしてこれからの秋シーズンは、春に産まれた新子イカが20cmくらいまで成長したものが数釣れる絶好の時期なんです!!

イカはどこで釣れるの?

秋は基本的にどんなポイントも狙い目になります。

春だと産卵場所がポイントになりますが、秋は防波堤や磯場はもちろん、サーフ、水深の浅いゴロタ浜、湾の奥などにも頻繁に現れるようになります。

ただし、全てエサとなるベイトが集まることや潮通しのいいことが条件!

防波堤であっても、海底にある変化が重要となり、カケアガリやシモリなどがある所はイカが群れでいることが多いんです。

足元の基礎石周りもしっかり狙うと釣果が期待できるでしょう。

アオリイカが釣れる時間帯は朝、夕方のまずめ時がいいと思われがちですが、日中であっても潮の流れやヨレているポイントがあれば十分に釣ることができます。

水深があるディープエリアのボトム付近、または、障害物が多くあるポイントなどをテンポよくラン・ガンすることをオススメいたしますよ。

エギングに必要なタックルの紹介

エギングはエギ(餌木)と呼ばれる、日本古来のイカ釣り専用の疑似バリ、和製ルアーを使用する釣法です。

用意するものは、サオとリールにラインが2種類、小型のスナップとエギだけ!

釣りだけなら道具も少なく、手軽なのもエギングの魅力の一つです。

具体的には、ロッドはエギング専用で8フィート前後が使いやすいでしょう。

これにスピニングリールの3000番程度をセットします。

ラインはPE0.6号を150mも巻いておけば十分!

リーダーはフロロ1.75~2.5号を状況に応じてセットしておくようにしましょう。

秋のエギングに最適なエギ

実際に使用するエギの大きさですが、サイズは2.5~3.5号を用意しておくことがオススメです。

カラーはその時の状況に応じて使い分けるとよいでしょう。

派手なカラーからナチュラル、リアルベイトカラーと揃えておくと、エギの種類に困る心配がありませんね。

カラーはマメに交換した方が、その日のヒットカラーが見つかります。

同じカラーをずっと見せてしまうとスレて釣れなくなる可能性がありますので、要注意です。

関連記事⇒エギング仕掛けでアオリイカ釣るならコレを見ろ!!シャクリ方間違って、イカ逃がしてない??

その他に用意しておくべきもの

そして、「エギングにおいてこれは絶対!」といえるアイテムはライフジャケット、水汲みバケツです

ライフジャケットはいうまでもなく、安全のためにも絶対装着してほしいアイテムですね。

水汲みバケツは防波堤についたイカのスミを流す際に使います。

エギングを楽しんだ後は、釣り場の美化にも心がけるようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です