【バス釣り】『テーパー』知らなきゃ釣れるわけがない!!ロッドの『テーパー』とアクションの深い関係性。

バスロッドの「テーパー」

ロッドには硬さとは別に、曲がり方を示す「テーパー」がある。

ロッドが曲がり始める部分が先端に近い位置から曲がり始めるのか、真ん中なのか、グリップに近い部分なのかを表している。

これらをテーパーではなく「調子」と言い換えることもある。

先端から曲がるものはファストテーパー、中間部分はレギュラー(ミディアム)テーパー、手元部分から曲がるものをスローテーパーと呼ぶ。

また、ファストテーパーよりもさらに先調子なエクストラファストテーパー、ファストテーパーとレギュラーの中間的なレギュラーファストなどもある。

なぜこのような種類が必要なのかというと、違うルアーによって、理想的な曲がり方が異なるからだ。

ファストテーパー

ルアーへのロッドアクション(ロッドやリールの操作でルアーの動きに変化をつける動作)を付けやすいのが特徴。

ロッド全体ではなく竿先にパワーが集中するため、思った通りの動きをダイレクトにルアーに伝えることができる。

したがって、ワームなどを竿先で細かく動かして、ボトムの感触や繊細なアタリを感知する釣りに向いている。

デメリットとしては、キャスト時にロッドの反発を活かしにくいので、軽いルアーほどキャスティングが少し難しいところだ。

レギュラーテーパー

ファストテーパーとスローテーパーの中間的性質を持ち、汎用性が高くさまざまなルアーに対応するオールマイティタイプ。

特に注意が必要な扱いづらさがないため、初心者にもオススメできる。

ただし、裏を返せば特徴がなく、全てにおいて中途半端とも言え、特別な状況で性能を発揮できないこともある。

スローテーパー

ロッド全体が曲がるため、ルアーをキャストする際ロッド全体の弾力を活かしきることができる。

ルアーにアクションを付けるのを不得意としているため、細かいアクションが必要なワームを使う釣りなどには不向きで、バイブレーションやクランクベイトなど、ただ巻くだけでアクションをしてくれるルアーを使う釣りでフッキング性能に優れている。

どのテーパーを選べばいいのか迷ったら、レギュラーテーパーを選べば間違いない。

また、ワームなどからスタートする場合は、レギュラーファストやファストテーパーなどもオススメだ。

 

参考記事:【知識】バスロッド選びに迷ったらコレを読め!!適切な硬さと、それぞれの適切なフィールドについてご紹介。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です