【知識】バス釣りってオールシーズンのレジャースポーツだよね。バスを産卵前後に釣る最高の攻略ポイントは○○!?

今や代表的なレジャースポーツともいえる「バス釣り」。

あんなにも楽しいバス釣りなのだから、夏だけじゃなくオールシーズンで楽しみたいもの。

そこで覚えてほしいのが、バスのシーズナルパターン!

シーズナルパターンとは、シーズン別に分けたバス釣りのパターンのことだ。

今回はの産卵前後のバス釣りで大切な攻略ポイントについてご紹介していこう。

水温の変化とバスの居場所

バスは年間を通して狙えるターゲットだが、水温が高くなる時期(夏場)は少しでも水温が低いところ、水温が低い時期(冬場)は水温が安定しているところ、産卵を行う冬は浅場を狙うとよい。

冬に向けての荒食いをする秋は、エサの多いエリアを狙う。

このように季節に応じたポイントを狙うのがバス釣りのセオリーとなり、これをシーズナルパターンという。

シーズナルパターンは、好ポイントを見つけるための基礎となる考え方なので、常に頭において戦略を練るようにしよう。

春は産卵の季節

バスたちにとって年間を通して最大のイベントは春の産卵(スポーニング)。ブラックバスは底が硬く、陸上からも見えるほどの浅場に産卵床(ネスト、またはスポーニングベッド)を作り、その中に卵を産む習性をもっている。

ネストを守っている大型の姿を見るとかけたいという欲求が湧くが、子育て中の個体を狙って釣ることには賛否があるので注意しよう。

プリスポーンの釣り

冬を過ごしたら、深場から徐々に浅場へと移動してくる産卵前のバスは、体力を付けるため、活発に捕食をする。

プリスポーン(産卵前の魚)と呼ばれるお腹を大きくしたバスが、ルアーに反応してくれるこの時期は ビッグバスを手にする大きなチャンス!!

深場から浅場へ移動してくるルート上にあるバスの居場所は、コンタクトポイントと呼ばれ、ここを狙えば大型がヒットする確率が高い。

コンタクトポイントはスポーニング場所から見て沖にあるカケアガリなどで、そこになんらかのストラクチャー(構造物)があれば、かなり有望だ。

この時期に使用するルアーは少し大きめのシルエットで、ゆっくり動かせるタイプが有効。

ブレードが大きめのスピナーベイトやディープダイバーのクランクベイト、サスペンドシャッドなどをじっくりと見せて食わせよう。

スポーニング中の釣り

スポーニング中はバスはエサを食べないモードに入っているので、通常のルアーには反応を見せない。

また、けなげに産卵床を守るバスを見つけても、そっとしておいてあげるというのがアングラーの中では暗黙のルールだ。

ただ、絶対にダメ!というわけではないため、どうしても釣りたい場合には、卵を狙うリザード(トカゲ)を産卵床に送り込むと、排除しようとして口に咥える。

この方法も古くから知られたバス釣りのテクニックである。

アフタースポーンの釣り

バスが産卵行動を開始するタイミングには個体差があるので、春はプリスポーン・スポーニング・アフタースポーン(産卵を終えた魚)の3種類のバスを意識して釣ることが大切。

産卵行動を終えた直後のバスは体力が消費しているので、ルアーへの反応は鈍いが、徐々に体力を取り戻したバスは再びルアーを追うようになる。

気温が上昇すれば浅場でも釣れるようになり、夏のパターンへと移行する。

産卵直後のバスを狙う場合はできるだけスローに狙うべきだが、プリスポーンの個体や、常に体力を回復させたバスを探すのも一つの手段。

やる気のあるバスがいる場所を見つけることもバス釣りのセオリーとなる。

体力を回復したアフタースポーンのバスは、ベイトが多い浅場で活発に捕食を行うので、バイブレーションプラグやシャロークランク、ペンシルベイトなど、スピーディーにチェックできるルアーで広い範囲を狙うと良いだろう。

産卵を終えたブラックバスは、体力が回復すると活発にベイトを捕食するようになる。

この時期は甲殻類や小魚が多い護岸周辺や水通しの良い岬、カケアガリが隣接する浅場など、広範囲でヒットを期待できるので、まだバスを釣ったことがないルアーを積極的に使ってチャレンジしてみよう。

 

関連記事:【動画アリ!!】世界初か!?ブラックバスの産卵行動を捉えた動画が公開。生命の神秘を感じる・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です