【知識】バスはかなりの暑がりだった!?真夏は○○を攻めれば大型が狙える!

前回は、バス釣りの産卵前後に行うべき攻略ポイントについてご紹介してきた

春ときたら、次は夏!夏は水温が極端に上がる時期なので、バスの食いつきもかなり悪くなる。

そこで今回は夏のバス釣りで大切なポイントについて解説していこう。

夏のバスはカバー狙いがカギ!

真夏になるとバスはより涼しいところに身を潜める。

狙い目は日陰(シェード)や、新しい水が流れ込んでくるところ。

具体的な例としては樹木や橋脚などの陰、浮かんでいるゴミやリリーパッド(ハスの葉や浮草)の下、葦やウィードの中、水が流れ込んでくる場所、川なら瀬の周辺と言ったポイントが有望だ。

真夏は狙い場所がはっきりしているので、釣りやすいとも言えるのだが、狙った場所へ性格にルアーを送り込むテクニックが必要!

障害物をダイレクトに狙うルアーは、引っ掛かりにくくブラシガード付きのラバージグ、ハリ先を隠せるテキサスリグが一般的で、ベイトタックルを使用する。

水面にある障害物やオーバーハング(水面に覆い被さった樹木)狙いで、有効なキャスト方法となるピッチングやフリッピングをマスターしておきたい。

オーバーハングの底を攻めたいなら、軽めのジグヘッドをスキッピングで送り込むスタイルも面白い。

スキッピングはスピニングタックルで挑戦してみよう。

リリーパッド狙いには、フロッグと呼ばれるカエル型のルアーが最適!

フロッグはトップウォータールアーの一種で、雷魚狙いでは主役のルアーだ。

フロッグは柔らかい中空ボディがハリ先をガードする構造となっているのが特徴で、根掛かりを完全に防いでくれる。

他のルアーでは攻め切れないポイントを大胆に狙ってみよう。

各種ルアーについてはコチラ⇒【知識】こんなルアー見たことない!!バス釣りで使える様々なルアーを『総まとめ』。

流れのある場所を攻める

ダムのインレット(流れ込み)や川の瀬(浅くて流れが速い場所)の周辺は夏場でも水温が低く、バスが捕食をするのに適した場所となっている。

ここで使用するルアーは流れの中でもしっかり動いてくれる大きめのトップウォータープラグやバズベイトがオススメだ。

このような場所は、雨が降ると濁流が押し寄せて釣りにならないことがあるうえ、非常に危険!

上流部で降った雨も影響するので、まずは安全を確認してから狙うようにしよう。

まとめ

今回は夏のバス釣りに大切な攻略ポイントについて、簡潔にご紹介してきた。

夏はとにかく水温が低いと思われるところを狙うことが大切!!

水温が低いところはリリーパッドの陰や川から水が流れ込んできている場所だ。

これまでご紹介してきた記事を参考に、ぜひ真夏のバス釣りをマスターしてみてはいかがだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です