【釣り方編】船の上からタチウオを攻略しよう!!ジギングにコツなんてない!?簡単だ・・・

夏のシーズンが最盛期のタチウオ。

キホンは切り身を使ったエサが主流ですが、最近ではジギングで釣るルアータチウオも人気なんです。

エサとルアー半々で出してくれる釣り船さんも??

今回は、次回に引き続き、タチウオのスペシャリストになれる釣り方についてご紹介していきたいと思います。

FishingerBoy さん
さぁいよいよぼくの腕のみせどころだ!(*^-^*)

タチウオの基本的な釣り方

タチウオの基本的なジャークについてはイラストの通りです。

タチウオは青物などと違い、速い動きにこだわる必要はありませんが、速い動きによく反応するケースも多いので、いろいろなシャクリを試してヒットパターンを探ります。

イラストのようにキャストして探るのも有効でしょう。

FishingerBoy さん
あれ?ぼくにもできそうだね(;´∀`)

超浅場で群れがまとまった時の釣り方

水深10mを切るような浅場に群れがまとまった場合は、スピニングタックル+ソフトルアーの横の釣りが有効です。

ジグヘッドは使用するソフトルアーにあわせて選ぶようにしましょう。

重さは1~2オンス(28~60g前後)あたりがおすすめ!

断面が三角でストレートタイプのソフトルアーは、ロッドをシャクってルアーを左右にダートさせるのが基本です。

巻き上げ

タチウオは海面に向かって泳ぐことの多い魚なので、ヒット後、巻き上げ中にふと軽くなることがあります。

そのような際には、竿の曲がりを保ったまま一定のスピードで巻き上げるようにしましょう。

たるんだリーダーは、タチウオの口に触れることでスパッと切れる原因になりますので、巻き上げ中に急に軽くなっても、巻くのをやめないことが大切です。

FishingerBoy さん
タチウオコワイ・・・(;_:)

取り込み

海面近くでも上方向に泳ぐので、勢いよく抜き上げるのがオススメ。

抜き上げたらフィッシュグリップなどで、必ず口の近くをつかんでフックを取り外すようにしましょう。

ちょっと触れただけでも指を切ってしまうぐらい鋭い歯を持っていますので、注意してくださいね。

FishingerBoy さん
みなさんケガにはきをつけてね(>_<)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です