【知識】川にいるブラックバスは絶対に○○へ泳ぐ!!これを知らないと釣れるワケがない。

リバーの特徴

都会から近いバスフィールドとして注目度が高いリバー(川)。

一言で川と言っても、おかっぱりでしか狙えない小川から、100mもの川幅があり本格的なバスボートを浮かべられる大河川もあり、自分のフィッシングスタイルや気分に合わせてフィールドを選べるのもリバーならではの楽しみだ。

流れの速さに注目すると、ゆったりと流れる下流部から急流と表現するのがふさわしい上流の瀬、複雑な流れが絡む中洲周辺などさまざまなシチュエーションが存在するが、川はリザーバーと比べて水深に乏しく、上流から下流へ水が流れているというのが基本。

流れの中で生活しているバスは引きが強いのが魅力だ。

※リザーバーとは

発電、水利、治水、砂防などのために、河川や渓流などを堰き止めるダム湖や貯水池等の、人工の湖の事。弥栄ダム、相模湖、神流湖など。底が複雑な形をしていることが特徴。

引用:超簡単!まるわかり釣り用語集

リバーの狙いどころ

下流部では橋脚、テトラ、水門などの人工的な障害物、上流部ではチャラ瀬(比較的流れが緩い瀬)、トロ場(深みがあり、流れが緩い場所)、支流の流れ込む場所など、流れに変化がある場所が有望

「こんなところにバスが!?」と思うようなちょっとした水路でも、よくよく観察するとバスの姿を観察できることも。

地形的な部分に着目すると、カーブ部分の外側は流れが速い深場、内側は流れが緩い浅場と判断して良い。

狙うべきは、活性の高いバスが好む流れが当たっている場所で、そこにテトラや杭などのカバーが絡んでいれば、かなり有望なポイントと言える。

川の代表的な構造物(ストラクチャー)は堰と橋脚で、堰の下流部や魚道は溶存酸素が豊富にあるため、夏場には欠かせないポイントだ。

橋脚はシェードになっている部分や流れが巻いて緩む下流側にバスが付きやすく、多くの人が狙う定番のスポットだ。

バスが身を隠しやすいのは葦の生えているエリアや、大きな岩や倒木が点在するスポット。

このようなスポットはウィードレス効果の高いリグで、ばすが潜んでいそうな「奥の奥」までタイトに攻めると良いだろう。

その他の条件下で見落としがちなのがで、同じように見える川岸でも風の当たっている側の活性が高いことがある。

透明度の高い川なら橋の上からバスの居場所をチェックできるので、釣りを開始する前にヒントを得よう。

流れの攻略

流れの中にいる魚が一定の場所でポジションをキープしようとすると、必然的に上流へ頭を向けて泳ぐ

エサ釣りではこれを利用して上流から自然にエサを流して食わせるワケだが、ルアーの場合は基本的にリトリーブしなければアクションしないので、どう引くかが問題となる。

ルアーで川を攻略する方法は、上流にキャストして引いてくる「アップストリームキャスト」と、下流にキャストして引いてくる「ダウンストリームキャスト」の選択肢がある。

いずれもルアーを着水すると同時に下流へと流されるので、それも計算に入れて狙ったポイントを外さないように引いてくることが重要!

できるだけ直線的にルアーを引きたいなら、ラインを水面から浮かせるべきだが、一方であえて流れにラインを引かせるドリフト釣法も有効だ。

アップストリームでは根掛かりしにくいワームやラバージグをボトムでドリフトさせ、弱って上流から流れてくるベイトを演出するのが効果的だ。

ダウンストリームの場合はバスの後方からルアーが近づくことになるので、リアクションバイトを期待したい。

また、ダウンストリームで投じたルアーは水流を受け、リトリーブを止めてもアクションするので、流せながらステイさせることもできる。

水流を上手に受けるルアーとしてはシャロークランクやグラブなどが挙げられる。

流れの中でオールマイティに使えるルアーは根掛かりの心配がないトップウォータープラグ。

大きめのペンシルベイトを使い、バスに見切られない速い動きで誘ってみよう。

リバーの注意点

リバーバスに挑戦する前に知っておきたいのは、河川の危険性だ。

例えば流上のダムが放水すればサイレンが鳴るので、その合図を聴いたら速やかに避難する。

上流が夕立に見舞われると一気に増水することも頭においておこう。

トラブルなく釣りを楽しむためには釣り人としてのマナーを守るのは当然。

遊漁料など各河川のルールに関しては、最寄りの釣具店で事前に確認することが必要だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です