【注目!!】巻くだけで魚が釣れる夢のようなルアー「マキッパ」。2018年11月発売予定!!

釣り具の大手メーカー「メガバス」から発売される巻くだけで魚が釣れるジグ『マキッパ』。

今回はそんな『マキッパ』の特徴からラインナップまで、詳しい情報についてご紹介していこう。

マキッパの特徴

大手釣り具メーカーの「メガバス」は2018年11月から、キャスティングジグ「マキッパ」の販売を開始!!

メガバスのテクノロジーが詰め込まれた、これまでとは全く違う新感覚のキャスティングジグとして、今多くの釣り人から脚光を集めているようです。

マキッパはその名の通り、投げて巻くだけの新感覚キャスティング・ブレードジグ。ソルトウォーターシーンにおいて、キャスティングジグは飛距離性能と多様な魚種に有効なことから定番のルアーとなっていますが、思い描いたアクションを出すのが難しかったり、狙ったレンジをキープしづらかったりと、使うには慣れや経験が必要なルアーといえます。マキッパは、キャスティングジグの使いにくさをカバーし、誰もが簡単に扱えるよう、徹底チューンを施しました。テールには巻くだけで集魚効果の高いブレードを装着し、さらにブレードの回転を阻害せずにブレードバイトを高確率でフックアップ可能な、ブレードフックシステム(PAT.)を搭載。計算されたボディバランスと各パーツの配置により、ボディが回転することなく安定したスイミング&フラッシングでターゲットを誘います。
使い方は着水後、即リーリングすれば表層を、沈めてからリーリングすれば中層やボトム付近をレンジキープするため、ターゲットの泳層に合わせた攻略ができます。
あらゆる魚種に効果的なティンセル付きアシストフックを標準装備しており、また腹部に設けたおまかせアイにより、好みに合わせてダブル、トリプルフックなどを追加装着可能です。特にボトムからバイトしてくる魚には、おまかせアイへのフック装着が効果的。対象魚は、シーバス、ヒラメ、マゴチ、ブリ(イナダ、ワラサ)、サワラ、カンパチ、アジ、サバ、タチウオ、マダイ、クロダイ、根魚類と、多種多様なターゲット。マキッパを貴方のソルトウォーター釣行に常備すれば、あらゆる釣り場で活躍してくれることでしょう。

引用:Megabass

『マキッパ』の特徴5つ

マキッパは数多くの魚種に対応できるのはもちろん、メガバスのこだわりを随所に感じとることができる、まさにメガバスの集大成と言えるルアーに仕上がっています。

1、レンジキープ力

マキッパはその名の通り、タダ巻きするだけでアピールできるルアー。

そんなルアーに最も重要になってくるのが「レンジキープ力」

”誰でも簡単”をキャッチコピーにしているように、着水後のカウントダウンだけで、十分なレンジキープ力を発揮してくれるようです。

2、じゃれつくような魚のバイトもフッキング

フロントにアシストフックが2本、リアに1本装着されています。

青物などにありがちなじゃれつくようなバイトを高確率にフッキングへと持ち込んでくれます。

3、エビりにくいボディバランス

ブレードジグ=エビる(フック同士やラインに絡む現象)というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

マキッパは計算されたボディバランスにより、エビりにくいバランス設計が施されています。

4、ブレードへのバイトを逃さない

スピンテールジグにありがちなブレードへのバイト。

自由度の高いアシストフックを同時装着することで、ブレードをついばむバイトも逃さないようなセッティングとなっています。

5、カスタマイズが可能

腹部にあるおまかせアイによって好みに合わせて好きなフックを換装できます。

特にヒラメなど、ボトムにつく魚にはおまかせアイにトレブルフックをつけた仕様がオススメです。

マキッパのラインナップ

マキッパのラインナップは10、20、30、40グラムの計4種類。

河川からサーフ、堤防に磯など、使用フィールドに合わせて選んでみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です