冬に狙うならこの魚!釣れない冬でも釣り方次第で釣果が上がる。

冬の釣りは楽しめないと思っていませんか?

でも、そんなことはありません。冬でも釣りは楽しめるんです。

そこで今回は、冬に釣れる魚と釣り方を紹介していきます。

メバル

メバルは冬~春の幅広い季節で釣ることが可能。

そして12月~1月にかけて産卵するので、産卵前の荒食いの時期を狙うと釣れやすくなります。

  • メバリング
  • ウキ釣り
  • 穴釣り
  • ブラクリ仕掛け
  • 胴付き仕掛け

などの仕掛けで釣ることができ、エビ類のエサを好む。

特に夜が釣れやすいので、ぜひ試してみてください。

カサゴ

カサゴは通年釣れますが、冬が旬の魚になります。

メバルと同じく夜行性なので、夜釣りがおすすめ。

  • ガシリング
  • 穴釣り
  • ブラクリ仕掛け
  • 胴付き仕掛け

カサゴはテトラの穴、岩などの隙間に居座ることが多いので障害物の隙間が狙い目。

アイナメ

アイナメは11月~2月に釣れる魚で、産卵する11月中旬~12月の荒食いするときが一番の狙い目です。

  • 胴付き仕掛け
  • ブラクリ仕掛け
  • 穴釣り
  • ぶっこみ釣り

昼行性で昼間に釣れるうえ、胴付き仕掛けを使った穴釣りで釣れる魚なのでお手軽。

ちなみにブラクリ仕掛けを使うと、穴釣りでよくある根掛かりを減らせますよ。

ヒラメ

ヒラメは秋から冬の短い期間に釣れる魚。

特に海底が砂地の場所が釣れやすく、コンクリートなどの場合は釣果が低くなってしまいます。

  • 泳がせ釣り
  • ワインド
  • スロージギング
  • ライトショアジギング

フィッシュイーターのヒラメは、イソメやゴカイ等では釣ることが難しい。

そのため、逃げ回る小魚を演出するメタルジグのルアーや、生きた小魚を使用する泳がせ釣りがおすすめです。

カレイ

カレイも秋~冬に釣れる魚で、ヒラメと似たような方法で釣ることができる。

  • 泳がせ釣り
  • 投げ釣り仕掛け
  • ワインド
  • スロージギング
  • ライトショアジギング

先ほども言ったようにヒラメ釣りとよく似ているが、カレイが好むエサは虫類です。

イソメやゴカイ、イワムシを使うことがおすすめ。

また、コガネムシやコオロギなどでも釣れるので、ぜひ試してみてください。

まとめ

魚の活動が弱まっている冬はなかなか釣れないと言われていますが、冬だからこそ釣れる魚も存在します。

寒い冬でも釣果を上げるために、その魚に合った釣り方で釣りを楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です