【知識】正しく研いでいますか?『フックの研ぎ方』で鋭さが蘇る!

消耗品の道具が多く、金銭的に悩んでいる釣り好きの人もいるのでは?

その中でもよく買い替えることになるのが『フック』。

錆びてしまったり、先端が丸くなり魚に刺さりにくくなってしまいます。

自分で研いで繰り返し使っている人もいると思いますが、中には間違った研ぎ方の人も…。

そこで今回は、正しいフックの研ぎ方を紹介していきます。

フックを研ぐときに使うもの

フックを研ぐときは、専用のシャープナーか包丁の砥石を使用する。

細かく調整したい人、キレイに仕上げたい人は専用のシャープナーを使ってみましょう。

基本の研ぎ方

フックを研ぐときに間違えがちなのが、研ぐ方向です。

根元から針先に向かって研ぐ人もいるが、それだと先端に『バリ』が出てしまい鋭く研げない。

そのため研ぐときは、針先から根元に向かって研ぐようにしましょう。

また、フックかシャープナーを濡らしてから研ぐと、削った粉が飛び散らずに済みますよ。

トレブルフックの研ぎ方

針先が3つあるトレブルフックは、作業中に自分の手元に刺さってしまう可能性がある。

ですから、真ん中の軸を持って研ぐよりも、1つのフックをもって研ぐようにすると安全に、研ぎムラなく仕上がります。

ダブルフックの研ぎ方

ダブルフックの場合は、軸を持つと研ぎやすい。

そして2つ同時に研ぐようにすると、研ぎムラが少なく時間をかけずに仕上げることができます。

また、前後左右から削ると鋭さが増すので、ぜひ試してみてください。

シングルフックの研ぎ方

シングルフックは他のフックに比べて簡単に研ぐことができる、

針が刺さらないように気を付けながら、前後左右を念入りに研ぐようにしましょう。

フックの鋭さを確認する方法

研ぎ終わったら鋭く研げているか、爪の上で確認してみよう。

爪の上を滑るようなら先端の鋭さが足りず、逆に爪に引っかかるようだったら鋭くなっている証拠です。

まとめ

今回はフックの研ぎ方を紹介しましたが、みなさんの研ぎ方は合っていましたか?

フックの鋭さは釣りをする際の重要なポイント。

エコや節約のためにも正しい研ぎ方を頭にいれておいてくださいね。

ただ、フックは消耗品なので古くなったら買い替えるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です