【必見!!】これで誰でも魚群を調べられる!?個人で使える画期的な魚群探知機『Deeper』が話題に!

個人で持てる魚群探知機「Deeper」

魚群探知機(魚探)と言えば、船などに搭載されていて、そこに映し出されるソナー画像から水底までの距離や魚の泳層などを知ることができる便利な道具であることは、みなさんもご存知でしょう。

プライベートでボートなどを持っており、沖で釣りをされる方の中には魚群探知機を搭載されている方もおられると思いますが、陸っぱりからの釣りだとそうもいきません。

釣り糸を垂れている目の前数メートルの水面下の状況がどうなっているのかは、実際に潜ってみるかカメラでも投げ込んでみない限り知る術はありません。

しかし、今回ご紹介する「Deeper (ディーパー)」を使えば、陸っぱりから水中の様子を探ることができます。

要するにソナーと駆動用のバッテリーを内蔵した球状の浮力体で、ソナーが捉えた水中からの信号を電波でスマホに送信して画面に表示するというものです。

「Deeper」の特徴と使い方

次世代の魚群探知機と言われているDeeper。

ボートでは近づく事の出来なかった、堤防の足元や磯などもDeeperなら探知できます。

陸っぱりからはDeeperをつけてキャストする事で、地形や魚のいるタナ(水深)をみる事が可能です。

「Deeper」の特徴

Deeperは魚群探知機としてはとてもコンパクトで、本体は直径約6.5センチのボール型、重量はおよそ100グラムです。

データはワイヤレス接続したスマートフォンで専用のアプリ使って確認することができます。

アプリでは天気予報や潮汐を閲覧したり釣行の記録ができるなど、便利な機能が充実しています。

Deeperの使い方

はじめにお使いのスマートフォンにDeeper専用の無料アプリをインストールします。

本体がなくてもシュミレーションモードを使用できるので動作状況を確かめましょう。

Deeper本体にラインを通すことのできる付属パーツを取り付けて、ラインの先に結び、堤防や磯などからキャストして水面に浮かべて使用します。

クランプで船艇に装着できるDeeper専用のアームも販売しています。

「Deeper」の3つの種類

Deeperには3つのグレードがあります。

Deeper 3.0:通信がBluetoothなので電波の届く距離が短いが、その分安い。

Deeper Pro:通信がWi-Fiなので電波が遠くまで届くが、その分高い。


Deeper Pro+:ProにGPSを追加。Deeper単体で測位可能。最も高い。

となっております。

興味のある方はぜひ一つ、購入してみてはいかがでしょうか?

参考動画がコチラ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です