【釣りの匠】味は料理の腕次第!!『ウミタナゴ』特徴や釣り場、釣り方のポイントを解説。

堤防釣りに人気者「ウミタナゴ」!

今回はそのウミタナゴの特徴や釣り場、釣り方のポイントについて解説していこう。

ミタナゴの特徴

磯や堤防周りなどで、ホンダワラなど海藻の生えているところに住み、同じ藻場にいる甲殻類などを捕食する比較的小型の海水魚。

淡水に生息する子イカのタナゴと姿形が似ていることから、「タナゴ」の名前が付けられた。

玉ウキ仕掛けなどの簡単な道具で釣れるうえに、サイズのわりには引きが強く、竿を大きくしならせることで知られている。

また、肉質はやわらかくて、淡泊。

手軽な堤防でのファミリーフィッシングには最適な魚と言えるでしょう。

ウミタナゴが釣れる場所

 

ウミタナゴが集まる場所は、隠れ場となる海藻が多く生えているエリア。

堤防なら、波消しブロック・根・海藻の茂みがあるところがポイントだ。

ただ、そんなにポイントは絞らなくとも、大抵の堤防や岩礁にウミタナゴは住み着いている。

磯やボート釣りでも、比較的大きめのウミタナゴが釣れる。

ウミタナゴの釣り方

堤防では軽い磯竿を使った、コマセで寄せるウキ釣りが主流。

ボード釣りでは、エサにイソメ類を使った片テンビン仕掛けの釣りや、アジ釣りと同様にサビキ釣りで狙うこともある。

堤防のウキ釣り

仕掛け・エサ

竿 1号程度の磯竿か硬調子の渓流竿4.5~5.3m
リール&道糸 小型スピニングリールに、ナイロン1.5号の道糸を100m巻いたもの。

渓流竿にリールは不要。

ウキ 玉ウキかシモリウキ
オモリ ガン玉2号
ハリス ナイロン0.8号1m
ハリ 袖バリ4号
その他 イソメ類やオキアミをつけエサに使用し、魚の寄せエサとしてアミコマセを使用する。

釣り方・・・ウキの変化に注意!

ウミタナゴは口が小さいので、エサは切って小さめにつける。

ウキ下は水深の半分程度で十分で、アミコマセをまいてウミタナゴを寄せる。

アタリは明確でないことが多いが、ウキに少しでも変化が出たら、軽く竿を立てて合わせてみよう。

コツは、コマセを切らさずにまくこと!

またウミタナゴ釣りでは、ベラ類やネンブツダイなどのエサ取りが多いため、頻繁につけエサが無くなっていないかどうか、確認することが大切だ。

ボートの片テンビン釣り

ボートの片テンビン釣り

竿 1.8~2.1mのシロギス竿かアーロッド
リール&道糸 小型スピニングリールにPE1.5号の道糸を100m巻いたもの
テンビン・オモリ シロギス用片テンビンにオモリ10号~20号
ハリス フロロカーボンの1号60cmに枝ス10cmを出す
ハリ 袖バリ4~7号
その他 コマセカゴ
エサ 堤防のウキ釣りと同様

釣り方・・・コマセで誘う!

浅い湾内など、ホンダワラやヒジキなどの海藻が生えている場所近くにボートを寄せる。

まず、テンビンにコマセかごを装着しアミコマセを詰めたら仕掛けを投入する。

ウミタナゴのポイントは藻場が中心となるだけに、根がかりしないようにすることが大切だ。

オモリが着底したら、根がかりを防ぐために、ハリス+α分底から巻き上げ、次にコマセをまきながら誘ってみよう。アタリがあったら、竿先を軽くあおってアワせる。

ウミタナゴは小型ながらもあたりはシャープで、結構な引きを見せてくれる魚だ。

ウミタナゴ釣りで釣れるほかの魚

  • アイゴ
  • アカエソ
  • カゴカキダイ
  • キタマクラ
  • クロホシイシモチ
  • コスジイシモチ
  • スズメダイ
  • ネンブツダイ
  • ハコフグ
  • ヒイラギ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です