【知識】バスは葦(あし)の影に潜んでいる!!産卵前の巨大バスを釣ることも可能!?

これまでの記事でもご紹介してきたが、バス釣りの基本は観察だ!!

そこで今回は、前回に引き続き「葦」の攻め方についてご紹介していこう。

葦とは、湿地性のイネ科の植物の一種。

葦の生い茂った場所は、葦が水質を浄化する能力があるのでベイトが集まりやすいポイントとなっている。

数千から数万本群生する葦林はスポーニングの場所になる可能性も高いため、春から注目されるポイントだ。

水深は浅いところに自生しているが、足場はぬかるんでいることが多いので要注意だ。

参考動画がコチラ!!

参考記事

【知識】水草はバスの格好の捕食ポイント!!ラインに絡みやすいウィードを攻略しよう!

【知識】バス釣りで絶対に注目すべきストラクチャー。ココにキャストすれば絶対にバスは釣れる!!

【知識】杭周りはバスが潜みやすい代表的な障害物!!杭周りに水草が生えていたらバスがいること間違いなし!

【知識】橋の下にはバスがいる!!橋脚周りの攻略ポイントはコレ!

【知識】冬場のバス釣りは『護岸』を狙え!!護岸周りは水温が高くなっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です