【メンテナンス】分解がいらないリールのメンテナンス!!油をさすだけで、リールの機能が何倍にも増加する。 後編

前回の【メンテナンス】分解がいらないリールのメンテナンス!!油をさすだけで、リールの機能が何倍にも増加する。前編に引き続き、後半では実際に油をさしてメンテナンスしていこうと思います。

リールに注油する手順はこの通り

注油するポイントはたったのこの4か所!

  1. ハンドルノブの回転部分
  2. メインギアのベアリング部分
  3. スプールの軸
  4. ラインローラー

大切なポイントに注油するだけでリールの機能はかなり回復してきますので、この4つのポイントだけ抑えておくようにしましょう。

今回は私の主観で考えたオイルとグリスの使い分けについてご紹介していきたいと思います。(※オイルとグリスの使い分けには多少の個人差があります。)

ハンドルノブの回転部分に注油

ハンドルノブはラインの巻き心地に非常に大きく影響する部分ですよね。

できるだけ軽い力でスムーズに回転してくれるようにしておきたいものです。

そのために、ハンドルノブの回転部分に注油するのはオイルです。

ハンドルノブの回転部分に軽く拭きかけるようにし、はみ出してしまったオイルはティッシュでふき取るようにしましょう。

メインギアのベアリング部分

この部分はリールの中で最も大きなギアを両側から支えている、まさにリールの心臓ともいえる部分。

メインギアのベアリングはハンドルを外した内側にあります。最近のリールはねじ込み式のハンドルが主流ですので、ほとんどの場合はハンドルを逆に回転させるだけで外すことができますよ。

ハンドルを外すと中心部分のやや外側に、ベアリングが見えると思います。

注油すべきポイントはそのベアリングで、使用する油はグリス!!

内部に海水を侵入させないためにもグリスを使用することをオススメいたします。

メインギアのベアリングにグリスを注油したら、ハンドルの反対側にも同様にグリスを注油すると良いでしょう。

スプールの軸

ドラグを緩めてスプールを外すと、スプールを支えている大きな軸が出てくると思います。

ラインを巻き取るときにはこの軸が上下することによって、スプールにラインが均等に巻かれる仕組みになっているんですね。

そのためこのスプールの軸はリールの中でも大きな影響力を持っています。

スプールの軸に使用する脂はオイル

ハンドルノブと同じ要領でオイルが溢れない程度に吹きかけるようにしましょう。

もし注油する際に軸が汚れているなぁと思ったら、一度ティッシュなどでふき取ってからオイルを吹きかけるのがオススメですよ。

ラインローラー

ラインローラーはスピニングリールの命ともいえるパーツ!!

このラインローラーが正常に動いてくれないと、ライントラブルが多発してしまう原因になります。

定期的にメンテナンスを行い、正常な状態を維持するようにしましょう。

ラインローラーに使用する油はグリス

ベアリングに海水が入るとシャリシャリと音が鳴るようになってしまいます。

海水からしっかりと保護するためにも、ラインローラーには少し多めのグリスを吹きかけるようにしましょう。

動画を参考にしたい方はコチラ!!

メンテナンスまとめ

今回は超簡単なリールのメンテナンス方法についてご紹介してきました。

実際に私も行ってみましたが、本当に簡単ですよ!慣れてくれば10分もかからない程度で完了してしまいます。

おすすめのメンテナンス頻度は3回使用したら1回メンテナンスするぐらい。だからリールのメンテナンスって簡単にできることが重要なんですね。

今回ご紹介したメンテナンスに必要なオイルやグリスは各釣具店やAmazonなどでも多く取り扱いしていますので、時間のある方はぜひ1度試してみてはいかがでしょうか??

オススメ記事:【注目!!】世界の釣り人から大注目されているリール『AVET REELS』!!ひとつは持っておきたいカッコよすぎるベイトリールだ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です