【知識】みんなバス釣りに使う『ライン』間違ってない!?ライン選びを間違えるとライントラブルの原因になる!

ラインはただ太ければ頑丈だから良いとか、細いほうがルアーのアクションが出せるからとかそんな選び方ばかりをしてはいけませんよ。

今回はバス釣りの際に大切な「適切なラインの選び方」についてご紹介していきたいと思います。

バス釣りに使われるラインとは

釣具店の店頭にズラリとならんでいるラインですが、バス釣り用と書いてあるものだけでも数多くの種類があり、どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

私も初心者の頃はかなり迷いました(笑)

太さが多少違う程度ならあまり気にすることはありませんが、実際には購入するラインの種類を間違えると、ライントラブルの原因にもなってしまいますので要注意!!

基本的なラインの知識を頭に入れておくようにしましょう。

バス釣りのラインの種類は3つ!!

バス釣りで使われるラインの素材には

・ナイロン

・フロロカーボン

・PE

の3種類があります。

それぞれにメリットデメリットがありますので、しっかりと把握したうえで購入するようにしましょう。

ナイロンライン

ナイロンラインはしなやかで適度な伸度があるラインです。

初心者の方でも扱いやすくコストパフォーマンスも良いため、人気のあるラインの1つ!

伸びがあるため多少ラフな扱いをしても切れにくく乗りが良い反面、水や光を吸収して劣化し擦れて切れやすくなるなどのデメリットもあります。

比重は1.14で(水が1)水より少し重いですが、浮力があり水に浮きやすいですので、ホッパーやペンシルなどのトップウォーター系のルアーを使うときには最適なラインと言えるでしょう。

フロロカーボンライン

フロロカーボンラインはナイロンラインと比べて伸びにくく、スレに強くて高感度なのが特徴です。

吸水率はほぼゼロなのでナイロンに比べると劣化が遅く、耐久性にも優れているんですよ。

バス釣りにおいてはスタンダードなラインですが、硬いのでクセが付きやすく、それが原因でライントラブルに巻き込まれてしまうことも多々あります。

つまり、あまり初心者には向かないラインなんですねぇ。。。

比重は1.78と他のラインよりもひときわ重いため沈みやすく、ワームや沈ませて使用するルアーを使う際には1番適しています。

スレに強い性質がありますので、岩や障害物が多いボトム付近を攻める際には必須のラインといえるでしょう。

PEライン

PEラインとは原料となるポリエチレン(Polyethylene)を略称したラインです。

繊維を編んで作られた組糸であり、ナイロンラインやフロロカーボンラインと同じ強度でも細く作れるので、飛距離を伸ばすのにはうってつけのラインと言えます。

細くても引っ張り強度が高く伸びが少ないため、感度にとっても優れたライン!

しかし、ナイロンラインやフロロカーボンラインに比べるとかなり高価なのがネックで、風の影響を受けやすかったり根ズレに弱いといった扱いづらい面もあるので注意が必要です。

またPEラインを使う際にはフロロカーボンのショックラインを使用する必要があるので、初心者にはハードルが高いラインといえるでしょう。

比重は0.98でかなり浮力が高いためトップウォーターやフロッグなどでの釣り、ベイトタックルでより強いラインを使うパワーベイトフィネスの時などに活躍します。

Point!!

どんなときでも使わなければいけないというわけではありませんが、PEラインの擦れに弱い性質を補うために、一般的に先端にはフロロカーボンのショックリーダーを取りつけます。

ハイプレッシャー下でラインの気配を消して繊細なアプローチを行いたいときや、カバー打ちなどの擦れやすい状況で釣りをする際には特に有効な方法だと言えるでしょう。

リーダーの長さや太さは使用するタックルや状況下で大きく変わりますが、目安としては長さが1~1.5m、太さはPEが0.8号なら8lb、1号なら10lbなどとPEラインの太さに合わせればOK!!

専用のショックリーダーもありますが、余っているフロロカーボンを流用しても大丈夫ですよ。

バスフィッシングで使うラインの太さと強さ

バス釣り用のラインのパッケージには1号、2号などの号数と、6lb、8lbといったlbが記載されています。

簡単に言うと号は「太さ」、lbはポンドと読み「強度」を示すものです。号数は#1、#2などと表記される場合もあります。

例えば9lb、#2.25ですと、これは9ポンドの強さに耐えられる2.25の太さのラインということです。

1lbは約450gなので9lbは9×450=4050g、つまり約4kgまでの重さまでは耐えられるという計算です。それ以上の重さになるとラインが切れる危険性が大幅に高くなります。

また、あくまでもこれはバスの引きや水の抵抗も含めた”重さ”であり、4kg巨大バスを釣り上げられるということではないことは頭に入れておきましょう。

なお目安ですが、ナイロン・フロロラインの場合は1号=4lbということを覚えておくといいですよ。

号数・ポンド換算表

ナイロンライン・フロロカーボンライン
号数 ポンド 強度 標準直径
0.8号 3lb 1.4kg 0.15mm
1号 4lb 1.8kg 0.17mm
1.5号 6lb 2.7kg 0.21mm
2号 8lb 3.6kg 0.24mm
2.5号 10lb 4.5kg 0.26mm
3号 12lb 5.4kg 0.29mm
3.5号 14lb 6.3kg 0.31mm
4号 16lb 7.2kg 0.33mm
5号 20lb 9.1kg 0.37mm
PEライン
号数 ポンド 強度 標準直径
0.6号 6lb 2.7kg 0.21mm
0.8号 8lb 3.6kg 0.24mm
1号 10lb 4.5kg 0.26mm
1.2号 12lb 5.4kg 0.29mm
1.5号 15lb 6.3kg 0.31mm
2号 20lb 7.2kg 0.33mm
2.5号 25lb 11.3kg 0.41mm

まとめ

みなさん各ラインの特徴については理解することができたでしょうか?

バス釣りは一般的な海釣りなどと比べると、急な強い引きを経験することが多いと思います。

ですので、しっかりとしたライン選択をしないと、ライントラブルが多発してしまう原因に!!

釣具屋の店員さんもラインについて詳しい方が多いと思いますので、ぜひみなさん吟味した上でバス釣り用のラインを選ぶようにしましょう。

次回はライン別に見た、ラインの巻き替え時期についてご紹介していきたいと思いますので、ぜひ楽しみに待っていてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です