【レシピアリ!】「ブラックバス=臭い」は昔の話!?実はかなりの絶品料理を作れることが判明!

川や沼、湖に多いブラックバス。

みなさんの中には、ブラックバスは釣るためだけの魚であり、「食べられるわけがない」と思っている方も多いのではないでしょうか?

ですが実は、ブラックバスって調理の工夫次第では美味しく食べることができるんです!!

そこで今回は、どうやったらおいしく食べられるのか、調理方法や食べ方をご紹介。

この記事を読み終わるころには、臭くてマズイと言われる淡水魚の印象ががらりと変わるかもしれませんよ。

ブラックバスって食べても問題ない?

主に湖などの淡水に生息するブラックバス。釣り好きな人の中には、バス釣りを趣味にする人も多いようですよね。

ブラックバスは体格が大きく肉付きのよい魚ですが、食べるには適さない魚という印象が強い!

しかし、食べてみたら「意外とおいしい!」という感想が最近増えているんだとか!?

ブラックバス自体には毒はありませんので、釣ったそばから調理したり持って帰ってじっくり料理したりと、楽しみ方はさまざまです。

次項では、ブラックバスがどのようにして食べられているのか、またおすすめのレシピ、おいしいブラックバスが食べられるスポットもご紹介します。

ブラックバスの下処理の仕方

ブラックバスと言ったら、池や沼に住んでいる魚ですので、なんだか臭いイメージが強いですよね。

そこでここでは、ブラックバスの下処理の仕方についてご紹介していきます!

ブラックバスはどうして臭いのか

アユやイワナを始め、淡水魚が臭みが強いと言われているのはなぜでしょう。

海水魚と異なり、淡水魚は、内臓や頭までまるごと食べるものが多いためそう感じることが多いようです。

また、清流で育った淡水魚は濁った水で育った魚よりも、比較的臭いが少ないと言われます。

いずれにしても、内臓やウロコ、頭も取り調理することがポイントのようですね。

ブラックバスの臭みはこのようにして取る!!

ブラックバスは、腹部の浮き袋の付け根にある厚い脂肪の部分に臭みの元があるといわれ、皮を剥がしてこの脂肪の部分をしっかり取り除けば、臭みを取り除くことができます。

また、きれいな水に入れて泥抜きも行うことで、さらに臭みは軽減しますよ。

ブラックバスの下処理手順

1 ウロコをウロコ落としなどでしっかり落とし、きれいに全体を洗い流します。

2 次に頭を切り落としますが、まず胸ビレの後ろに包丁を突き立て中骨を断ち切り、腹側の方にも包丁を刺しますが、内臓を傷つけないように切り込みをいれて、頭をねじって内臓ごと引っ張り出すように頭を外します。

3 身を3枚におろすために、まずは片側の背の方から包丁をいれて中骨まで切れ込みを入れ、腹側も同様に中骨まで切れ込みを入れます。その後料理バサミを使い、身を切り離します。

4 逆側の身も同様に切り離し、左右の身を骨から切り離し3枚にします。

5 腹部の浮き袋周辺の脂身は、フライや天ぷらにする場合は肋骨と一緒にすきとり、煮付や焼き魚にする場合はウロコ落としなどを使ってこすり落とすとよいでしょう。

6 皮は、柳刃包丁などを使ってはぎとります。ブラックバスの大きさが30cm以下であれば臭いがないことも多いようですが、気になる人ははぎとってください。

7 フライや天ぷら用にする場合、身は中骨のあった位置にある血合い骨を取り除いて下処理は完了です。

ブラックバスで作る絶品レシピをご紹介!

それでは最後に、ブラックバスを使った絶品レシピをご紹介していきます!!

ブラックバスのから揚げ

材料
ブラックバス(60サイズ)・・・半身

塩・・・適量

魚の身が入るビニル袋・・・1枚

チューブにんにく・・・8センチ程度

チューブ生姜・・・8センチ程度

焼き肉のたれ・・・おおさじ3杯

味付き唐揚げ粉100g・・・1袋

揚げ油・・・適量

  1. 上記でご紹介したようにした処理を行う。
  2. 頭を落として3枚におろす。
  3. 半身を一口サイズに切り、塩を適量ふりかけ、叩いて馴染ませる。その後、少し大きめの袋に入れ替える。
  4. ビニール袋の中にチューブにんにくとチューブ生姜をそれぞれ投入し、まんべんなく馴染ませる。
  5. そのビニール袋の中に市販の焼肉のタレを大さじ3入れる。魚の身にいきわたるように軽くもみ込んで、しばらく待つ。
  6. 市販の唐揚げ粉(100g)のうち、適量を少しずつ袋の中に投入し、ビニール袋を振りつつ全ての魚の身になじませる。
  7. 唐揚げ粉がしっとりとなじむまでしばらく置いて待つ。唐揚げ粉によっては待機時間があるので、従うとふっくら感が増す。
  8. 揚げ油を160度から170度に熱して、3〜4分くらい色づくまで揚げる。

熱湯をかける下処理をしないと、ウロコの下にある臭い匂いがとれないようです。

調理中は独特な匂いがしましたが、揚げた後は匂いはしませんでした。

白身魚のから揚げとして食卓に出すと、家族みんなおいしく完食してくれました♪

ブラックバスのムニエル

材料
ブラックバス・・・1尾

小麦粉・・・150g

オリーブオイル・・・おおさじ2

バター・・・おおさじ2

塩コショウ・・・適量

  1. 上記でご紹介したように、下処理を行う。
  2. 三枚におろし、腹骨はすき取ります。
  3. 実験として皮付きと皮無しを片身づつ作りました。塩胡椒して小麦粉をまぶします。皮は焼くと縮むので切れ目を入れます。
  4. オリーブオイルにバターを溶かし皮側から焼きます。7割程度焼いたら、ひっくり返します。
  5. 焼き色を見てできあがり!使った新聞紙、ペーパータオル、アラは密閉袋に入れて捨てます。

淡白な魚なので、下味は濃い目に。

ソースは玉ねぎの粗みじんをレンジ。オリーブオイル、コンソメ、塩、バジルにカットトマト缶を混ぜました。

 

参考:COOKPAD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です