【知識】RAID JAPANからワーミングの基礎を学べ!冬の低水温にはワームを使い分けろ!!ポイント②

ポイント②【食い気のあるバスを釣り上げるテクニック】

カバーをメインに狙うスタンダードなテキサスリグ

冬でもエサを食っているシャローカバーあたりにいるバスを釣るには、RAID JAPANの『バトルホッグ3.8 テキサスリグ』が良いだろう。

食い気が強いバスであればこのぐらいボリュームのあるワームが最適。

自分が知っているバスが良く釣れるポイントでなくとも、しっかりアピールさえすればバスに口を使わせることが可能だ!

『バトルホッグ3.8』は、長さはあまりないがボリュームで勝負するセッティングになっている。

バトルホッグ3.8 テキサスリグ

テキサスリグやラバージグトレーラーなど、ベーシックなリグでカバー周りやボトムを攻略するハイインパクトベイトBATTLE HOG(バトルホッグ)。
3.8インチというサイズ設定は、3インチクラスのコンパクトさと5インチクラスのボリューム感を備えた絶妙なボディシルエットを実現、フィッシュイーターの本能を直撃します。これはビッグワームにありがちなモタつきを排除し、意のままに操ることができるサイズ感でもあります。
分厚く独特な上下非対称デザインの縦扁平パワーアームは、フォール時にバイブレーションを起こし魚にアピール。スイミング時にはハンマーを振り降ろすように力強く水を叩きフィッシュイーターを強烈に刺激します。ハンマーを振り降ろすようなバサロ運動に、開閉動作をプラスした複雑で立体的なアーム動作によって魚をバイトに持ち込みます。
絶妙な厚さによってアクションの強弱を変化させるツインカーリーは、フォールやスイミング時に艶めかしい動きで魚を誘います。
ボディサイドのレッグは、ボディの横倒れを抑制するだけでなく、ロングレッグはゆったりとしたスローな動きで、ショートレッグはビビッドで繊細なパルスを発生。それぞれのパーツが多段階の波動を生み出すことによってボディ全体を包み込みファジーで生命感に溢れた存在へと昇華します。

引用:RAID JAPAN

 

 

バトルホッグ3.8 Amazonサイトはコチラ!!

バトルホッグ3.8 テキサスリグの参考動画がコチラ!!

次の記事⇒【知識】RAID JAPANからワーミングの基礎を学べ!冬の低水温にはワームを使い分けろ!!ポイント③

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です