【知識】RAID JAPANからワーミングの基礎を学べ!冬の低水温にはワームを使い分けろ!!ポイント④

ポイント④【スレたバスの対応テクニック】

中層に浮いたバスに、ナチュラルな口使いをさせる。

スレたバスにはウィップクローラー5.5のネコリグがオススメだ。

バスが浮いている状況なら、中層のネコリグが誘いやすい。

オダや橋脚、さらには杭などの障害物が多い場所では、中層をスイムさせながら障害物にぶつけるイメージで使用する。

なので、フックはガード付きのものが良いだろう。

天気が良く温かい日やシャローのちょっとしたカバー周りでは、ふわふわと誘うイメージで使うようにしよう。

ウィップクローラー5.5

RAID JAPAN初となるストレートワーム『WHIP CRAWLER』に求めたものは、あらゆるリグに対応するオールマイティー性能。
ストレートワームの命とも言える「素材の張り」を殺す事なく、「硬過ぎず柔らか過ぎない」、「太すぎず細すぎない」、「重過ぎず軽過ぎない」ベストなバランスを導き出し、使用するリグや釣り場の状況さえも選ばない徹底したオールマイティー性能が持ち味です。

また、WHIP CRAWLERは部位ごとに異なる断面形状によって構成しています。
フックをセットする部分のみを三角形断面、その他の部分は限りなく真円に近い三角形断面にする事で、外観の無機質な印象を排除しつつアクションレスポンスを向上。フックをセットする面を任意に選択することで、性格の異なる2WAYのアクションを意図的に生み出すことができます。
RJマークのあるフラットな面にフックをセットすれば、水をしっかりと掴みスイミング時に大きくボディーを揺らすダイナミックなウォブリングアクションを発生。

マッディなフィールドや、アピール力を高めたい場合にベストなセッティングです。フラット面が水を受ける抵抗感によってワームの移動距離を抑えるため、魚の低活性時などに特に効果を発揮します。
また、縦の溝が入った三角形の頂点をまたぐ様にフックをセットすれば、水を切りながらハイピッチスイムするタイトロールアクションを発生。
水質がクリアなフィールドや、スレ切った魚をサイトフィッシングで狙うような場合に、控えめなアクションでバイトに持ち込むことができるセッティングです。
このようにウィップクロウラーは、魚の活性や様々なフィールドコンディションに合わせて、1本のボディで的確にアジャストできる懐の深さを持ったストレートワームに仕上がっています。

またウィップクロウラーは、頭部とテール部で異なるピッチのリブを採用。さらに、アクションの支点になる部分のリブには深く溝を切っています。これらの効果によって、ワッキースタイルで使用する際には、着水直後からクネクネと自発的に動き出し、サスペンドする魚に効果的なフォールアクションをオートマチックに生み出します。

ネコリグ、ジグヘッドワッキーリグ、ノーシンカーワッキーリグ、ワッキースタイルのダウンショットリグなど…様々なリグに高次元対応。使用するシンカーのウエイト次第ではベイトフィネスタックルにも絶妙なサイズ感・使用感で対応する、極めて高い汎用性を持ったストレートワームです。

引用:RAID JAPAN

ウィップクローラー5.5 Amazonサイトはコチラ!!

ウィップクローラーの参考動画がコチラ!!

次の記事⇒【知識】RAID JAPANからワーミングの基礎を学べ!冬の低水温にはワームを使い分けろ!!ポイント⑤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です