【注目!!】『釣れ過ぎ』から始まった、女性の新たな取り組み。釣った魚を5000円で買取!?

「釣れ過ぎてしまって・・・」釣りにハマった女性の新たな取り組み

今年9月から静岡県熱海市で始まった地域活性化プロジェクト「ツッテ熱海」。観光客が釣った魚を市場が買い取り、当地の居酒屋や温泉などで使えるクーポンに替えてもらえるユニークな取り組みだ。

発案者はウェブメディア「ツッテ」編集長の中川めぐみさん。SNS会社「グリー」に勤務していた6年前に、大ヒットゲーム「釣り★スタ」から連想して、釣りを地域振興事業に生かせないかと市場調査をしているうちに、釣りにはまってしまったという。

「それからいくつかの会社を経て、今年3月“釣りアンバサダー”として独立しました。ある時、市場調査を兼ねて熱海で釣りをしていたら釣れ過ぎてしまって……熱海魚市場の社長に相談したら、魚をまとめて5000円で買い取ってくれたんです。それが軍資金になって、ご飯を食べておみやげを買ったんですが、観光客がこれを体験できたらすごくいいなと思ったんです」

釣りの魅力を、中川さんはこう語る。

「釣りをすると、地元の人と同じ空間にいることになるので、地元に溶けこんで、プレイヤーになれるんです。船からしか見られない絶景もおすすめ。釣りを通して見る地域の顔の方が断然面白いんです」

引用:niftyニュース

ツッテとは

釣って味わう、地域の魅力

釣りは「釣るだけ」というイメージを持たれがちですが、実は釣りを通すと地域の魅力をより深く感じられることをご存知ですか?自分が主人公になって魚を釣ることで、食はもちろん、人・景観・文化に至るまで、よくある完成品でない”あなただけのとびきりな体験”がはじまります。さあ、あなたは「釣って(ツッテ)」何に出会いますか?

引用:ツッテ

Twitterの反応

考案者『中川めぐみ』さんのTwitterはコチラ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です