【必見!!】症状が悪化したら開腹手術!?意外と知られていない『アニサキス』の恐怖。

アニサキス症とは、アニサキスという寄生虫が寄生している魚介類を食べた数時間後に、成虫が主に消化管の壁に食いつくことによって急な腹痛などを起こす感染症です。

それではアニサキス症とはどういうものなのかについて、具体的に見ていきましょう。

アニサキス症の原因

アニサキスの幼虫は、さまざまな魚介類を宿主として寄生しています。

代表的なものとしてはサバ、イワシ、タラ、ホッケ、イカなど。最近ではサンマも感染の原因になることが多いと言われています。

アニサキスの成虫が最終的に宿主にするのはクジラやアザラシなどの海産哺乳類であり、これらの消化管に寄生することがわかっています。アニサキスの幼虫は加熱や冷凍などで死滅させることが可能です。

しかし、酢漬けや塩漬けといった一般的な調理方法では死滅させることはできません。

アニサキス症の症状

アニサキスに関連した病気と症状は以下の通りです。

胃アニサキス症

一般に、アニサキスの幼虫に対する免疫反応の違いによって症状が異なり、急性アニサキス症と慢性アニサキス症に分けられます。

アニサキスで腹痛を起こす人の多くは急性アニサキス症であり、原因となる魚介類を食べて数時間から数十時間後に強い上腹部の痛み、嘔気・嘔吐を発症。

一方で、緩和型は症状に乏しいため、健康診断の内視鏡検査(胃カメラ)の際に偶然胃の壁に食い付いたアニサキスが発見されることもあります。

腸アニサキス症

腸にアニサキスの幼虫が食いつくことで腹痛、嘔気・嘔吐などを起こします。ときに腸が穿孔せんこう(穴があくこと)してしまったり、腸閉塞を起こしたりすることがあります。

消化管外アニサキス症

まれですが、アニサキスの幼虫が消化管からお腹の中(腹腔内)に出て寄生することがあります。大網や腸間膜など寄生先の組織に応じた症状を起こします。

アニサキスアレルギー

魚介類を生食した後に、蕁麻疹じんましんなどのアレルギー症状がみられることがあります。重篤な症状として、血圧が低下したり、呼吸状態が悪くなったりするなどアナフィラキシー症状を起こすケースもありますので、注意してくださいね。

アニサキス症にならないためには

  1. アニサキスはマイナス20度以下で丸一日冷凍すれば死滅する。家庭用冷蔵庫は約マイナス5度しかないのでダメ。
  2. 60度の熱で1分間加熱すれば、感染性を失う。
  3. 酢でシメても死滅しない。アニサキスが寄生しているシメサバは危険。
  4. 新鮮な魚のアニサキスは内臓にいるので、お刺身にしてもわりと平気。しかし、釣ってから1~2日経った魚はアニサキスが身の方へ移動してきているため、とても危険!お刺身用として数日置いておく人がいるが、しっかりと内臓の処理をしておくことが大切。
  5. アニサキスが小腸のほうまで入ってしまった場合は、緊急に開腹手術となる。

もしアニサキス症になってしまった場合には

魚を食べて数時間後の腹痛。それもしかしたらアニサキス症かもしれません。

「アニサキス症」かも・・・、と思ったら、すぐにかかりつけの病院で診てもらうようにしましょう。

アニサキス症が疑われるときには以下の検査を実施します。

  • 問診
  • 上部消化管内視鏡検査
  • CT検査
  • 血液検査

治療が遅れると、他の臓器へ移動してしまうことも考えられます。

アニサキス症では重篤化することはあまりありませんが、かなり激しい痛みを伴いますので、釣った魚を食べる際にはぜひみなさん気を付けて処理するようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です