過去には『ブラックバス絶滅大作戦』外来魚360匹駆除 60㌢超ブラックバスの駆除が行われていた!!小・中学生が70人も参加・・・。

壱岐土地改良区(此見武次理事長)は26日、市まちづくり市民力事業の一環として、石田町池田西触の「二ノ宮東低地溜池」(貯水量1万4千㌧、湛水面積約8千平方㍍)で「ブラックバス絶滅大作戦」を実施。石田小・中からの各10人など計70人が参加した。
改良区内の溜池にはブラックバス、ブルーギルなど外来生物が、違法であるにもかかわらず放流され、マニアが入り込んで釣りをすることで、放置されたテグス・ルアーが草刈り時のトラブルや揚水機の損傷などを招いている。
同改良区は総工費6億5千万円をかけて平成31年までに25か所、今年度は7か所の溜池で池干しをして外来生物の捕獲・駆除を行うが、毎年1か所は地域住民とともに駆除作業を行い、啓蒙活動を行っていく計画。
通常は4㍍程度の深さがある溜池の水を3日間かけて深さ30㌢程度まで抜き、この日の活動を行った。引き網で追い込み、タモ網で魚ですくうと、全長60㌢を超えるブラックバスなどが次々と掛かり、子どもたちは“大漁”に大喜びだった。
約4時間の作業で駆除したブラックバスは160匹、ブルーギルは200匹で、この360匹は処分された。また最大70㌢のコイや、フナ、ウナギ、カメなどの在来生物計500匹は、近くの川に再放流された。

駆除に参加した大桑早稀さん(石田小4年)は「最初は足がぬるぬるして気持ち悪かったけれど、大きな魚を捕まえられて楽しかった。外来魚がこんなに増えていて、他の生物に大きな影響を与えていることが、よく判りました。池が自然な環境に戻れるように、また来年も駆除をやりたいです」と話した。
石田小・中の児童・生徒には、外来魚が生態系に与える影響などが判りやすく示された資料が配布され、課外授業の役割も果たした。

引用:壱岐新聞

外来種は悪なのか

日本では、各地各メディアで外来魚を悪者として扱っている。しかし、人間の勝手によって連れてこられた外来魚、または外来の植物は果たして悪なのか??

実際、私たち釣り人にとってバス釣りは恰好の週末レジャーとなっている。つまり、ブラックバスは大切な存在だ。

しかし残念なことに、外来魚を排除しようとする運動は日本に限ったことではなく、海外でも当たり前のように行われているのが事実。

日本の在来種を守るためには外来種を排除しないといけないということはわかっているが、私たちにとっては聞くに堪えない運動だ。

ただ、唯一の救いと言えるのは、どんなに頑張って排除しようとしてもブラックバスが1匹残らずいなくなるということは、まずあり得ないということ。

日本が国をあげた一大プロジェクトとしてブラックバスの絶滅大作戦を行わない限り、ブラックバスを国から排除することはできない。いや、国をあげて殲滅(せんめつ)しようとしたところで、きっとバスがこの国からいなくなることはないだろう

とある場所では、外来種によって緑の楽園と化した絶海の孤島まで存在する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です