【注意!!】身近で釣れてしまう、体に毒をもつ魚!!場合によっては死に至る危険性も!?

今回は、体に毒をもつ魚をまとめてみましたので、ご紹介していこう。

ヒレやトゲに毒のある魚

釣りで注意したいことのひとつに、毒をもつ魚への対処がある。

特に、ヒレやトゲに毒をもつ魚だ。

釣りあげて何気なくハリを外そうと魚をつかんだら、毒針に刺されてしまったという人もいる。

毒のあるヒレやトゲに刺されると、刺された部分が大きくはれ上がってしまい、発熱することもある。

ヒレやトゲの毒は魚が死んでも消えないので厄介だ!

帰宅後に、魚をさばこうと触れ、手を腫らしてしまった人もいる。

ですので、調理するときにも十分に注意することが大切だ。

ただ、ヒレやトゲの毒は熱に弱い

煮たり焼いたりすると、無毒化するのだ。

主なヒレやトゲに毒をもつ魚は以下のもの。

ヒレやトゲに毒をもつ魚
・アイゴ

・オニカサゴ

・ゴンスイ

・アカエイ

・ハオコゼ

・ミノカサゴ

体内に毒をもつ魚

次に体内に毒をもつ魚を紹介していこう。

体内に毒をもつ魚として1番にあげられるのは、みなさんも知っているだろう「フグ」だ。

フグの仲間じゃ。テトラドトキシンという猛毒を持っている種が多い。

また、主によっては毒がある内臓部位が異なっている。

ショウサイフグは筋肉と精巣(白子)以外、全てに毒を含んでいるが、トラフグは皮も食べることができる。沖釣りで楽しむフグ釣りでは、船宿にフグの調理師免許を持った人が必ずいるので安心だが、自分で釣ったフグをさばくのは危険極まりない。

また普段は毒をもたない魚が、「シガテラ毒」という毒を蓄積してしまうことがある。

このようなことは暖かい海に多く、見慣れない魚を釣った場合には、地元の人に聞いてみるなど、むやみやたらに口に入れないことが大切だ。

主な体内に毒をもつ魚は以下の通り。

体内に毒をもつ魚
・キタマクラ

・サバフグ

・ショウサイフグ

・ソウシハギ

歯が鋭くケガをする危険性がある魚

毒は持たないが、歯が鋭いために噛まれると危険な魚もいる。

主な歯が鋭い魚は以下の通り。

歯が鋭い魚
・ウツボ

・タチウオ

ヒョウモンダコ

体調10cmほどのタコで、刺激を受けると黄色くなり、青い輪や線の模様(ヒョウモン)ができることからこの名前がついた。

ヒョウモンダコで注意したいのは、唾液にフグと同じ猛毒の神経毒「テトラドトキシン」が含まれていることで、噛まれたりするとたいへん危険な状態になる。

本来、熱帯や亜熱帯地域に生息しているタコだが、九州北部でも生息が確認されていて、北上している気配があるという。

小型のタコだけに、イイダコと間違うことも否定できないので、みなさんも「ヒョウモンダコ」には注意するようにしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です