【アジングのスペシャリスト】キホンをおさえてお手軽にアジングをしよう!アジングはポイント選びが肝。「場所選び編」

どんな魚でもそうですが、魚をキャッチするためにはまず、ポイント選びが1番に大切になってきます。

点在する釣り具店やインターネットの情報を集め、魚が釣れている場所の情報を得るのも賢い選択でしょう。

ただ、それに加え、アジがどのような魚であるのか理解すれば、散らばっている情報をきちんと選択することもできますし、自分でアジが釣れるところを見つけられるようにもなります。

 

そこで、ここではどのようなポイントを選択すれば良いのか、アジの習慣を考えながら解説していこう。

①常夜灯のある漁港

常夜灯のある漁港は、アジの餌となるベイトがプランクトンを捕食するために集まってきます。

常夜灯がしっかり効果を発揮しだすと、このベイトを求めてアジも常夜灯付近を中心に回遊するようになります。

とくに明るい部分と暗い部分の境目、いわゆる明暗付近を回遊していることが多いですから、そこは狙い目となってきます。

②風通しの良い漁港

岬の先端付近になる漁港、島峡部に面した漁港は潮通しがよく、魚の回遊が期待できます。

実際に釣りをしてみて、海面を流れているゴミに着目して、よくゴミが動く場所を選択しましょう。

多くの回遊が期待できる他、魚の食い気があることも多いため比較的イージーな魚に出会えることが多いです。

③テトラポットなどの障害物が沈んでいる漁港

前項に関わってくる部分なのですが、海中の障害物に潮が当ってヨレを作り出します。

アジに限らず魚はこのヨレを好んでいます。

ヨレには遊泳力の少ない流下ベイトと呼ばれるアミやプランクトンが溜まりやすく、アジもその周りを回遊することが多くなります。

これは実際に釣りをしてみないとわからないことが多いですから、ボトム付近を中心に探っていく時は地形変化も捉えておきましょう。

 

いかがでしたか?

今回はアジングの場所選びについて、簡単に説明してきました。

上記でもご紹介したように、場所選びの際は、近くにある釣具店に聞くのも一つの手。

ですが、釣りをする人でしたら、魚が釣れる場所ぐらい自分で見つけられるようになりたいですよね。

これまでご紹介してきた3つのポイントをおさえて、次回からは、アジングのポイントを自分で探し当ててみてはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です