【釣りの匠】釣趣にあふれ、食味がバツグンな『カワハギ』。釣り場や釣り方のポイントをご紹介!!「堤防からの投げ釣り編」

釣りも楽しめるうえに食味がバツグンな、カワハギの釣り場や釣り方のポイントについてご紹介していこう。

今回は、「堤防からの投げ釣り編」だ。

「カワハギ」の特徴

カワハギはエサ取り名人と呼ばれるほど、エサだけを取るのが上手い。

アタリもなく、エサだけをキレイに取っていく手練手管のカワハギを、あの手この手とさまざまな工夫を凝らして釣りあげるのが、この釣りの醍醐味ともいえ、釣り人を熱中させてくれる代表的な魚でもある。

アタリを取ってアワセ

カワハギは通年釣りの対象となるが、盛期は深場に集まる冬場。

体は菱形で縦の方に平たく、愛らしいおちょぼ口だが、30cmを超えると強烈な引きをみせる。

高度な釣りテクニックも必要とされるが、「アタリを取ってアワセ」の基本を忠実に守れば初心者でも十分に楽しむことができる。

カワハギの釣り場

沿岸近くの水深10m~50mほどの岩礁帯や、その周辺の根を点在する砂泥地が釣り場。

船ではこのような岩礁付近を流しながら釣り、夏になるとカワハギが浅い砂泥地にも回遊するために、堤防からでも釣りが楽しめるようになる。

堤防からの投げ釣り

カワハギが近場に寄ってくる時期には、堤防などからのチョイ投げでも釣れる。

潮通しの良い堤防の先端から、外洋に向かって投げるのがポイント。

藻場近くの根が点在する砂地がベストだろう。

仕掛け

竿 オモリ負荷25号、4m前後の投げ竿
リール&ライン 中型スピニングリールか、投げ専用リールにPE2号を200m巻いたもの
チカラ糸 PE5号を10m
テンビン 20号前後の遊動L型テンビン
ハリス 幹糸フロロカーボン3号の枝スを10cm結んだもの
ハリ カワハギバリ5号、マルセイゴ10号前後
エサ 遠投してもすぐ外れにくいアオイソメが一般的。

頭から刺し、ハリ先まで通して、ハリ先が見えないようにするのがポイント。

タラシは出さない。

アサリの場合は、沖釣りと同じようにハリを付ける。

釣り方のポイント「仕掛けは常に動かす」

仕掛けが着底したら糸フケを取り、まず軽く空アワセをする。

再び糸フケを取ったら、竿を横にしてゆっくりとさびいてくる。

さびいた分リールを巻いて、竿先を海に向け、またゆっくりさびく。

これを繰り返し行うのが基本だ。

途中で大きくあおり、仕掛けをジャンプさせるなどして誘ってみるのも良いだろう。

カワハギは落ちてくるエサに反応しやすいためだ。

常にラインは張り気味にして、仕掛けは常に動かしておくことがポイントとなる。

アタリは普通、コツコツと竿先に伝わってくる。

すぐにアワセをいれるのではなく、ひと呼吸おいてゆっくり竿を立てよう。

食っていれば、そのままリールを巻けばよい。

乗らなかった場合は仕掛けを回収して、エサのチェックを行う。

1尾1尾釣れたらハリ先のチェックを行い、劣化していないか忘れずに確認しよう。

<おまけ>カワハギの仲間図鑑

カワハギの仲間は身が淡泊で、どれもたいへん美味!

カワハギの仲間は多く、カワハギとウマヅラハギ、ウスバハギを区別せずに「ハゲ」と総称している地方もある。

ウスバハギ

北海道以南水深200m以浅の沿岸に生息。

カワハギよりも沖合の浅海で群れをつくり、小型甲殻類を捕食している。

カワハギ化の中では大きくなる種で、味はとてもおいしい。

体長に比べて厚みはなく、釣り人は一般的にハゴイタと呼んでいる。

ウマヅラハギ

北海道積丹半島、千葉県以南に分布。おおよそ30cm程度

水深200mまでの沿岸に生息し、小型甲殻類を好む。

体はカワハギに比べてやや細長く、強く側扁している。

最近では、エチゼンクラゲを食べることがわかり、その対策に期待されている。

ギマ

房総半島以南の浅瀬に生息。

体色は銀色で、腹びれは1対のとげになっている。

またヌルヌルした粘液を出すのも特徴だ。

塩焼き、干物などにして食べるのが一般的だ。

ソウシハギ

相模原以南に分布。水深30mまでのサンゴ礁に生息している。

群れはつくらず、単独で行動。海藻やイソギンチャクなどを好む。

不規則な青色線模様を持ち、尾びれが長いのが特徴。

内臓に強烈な毒を持つこともある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です