『ウキ』の種類はこんなにもある!!ウキの種類を覚えて、効果的に活用しよう!!

海釣りでよく使われるウキは、「棒状のウキ」「丸ウキ」「遠投用ウキ」の3タイプに大別できる。

ウキの種類は狙う魚や釣り方、釣るポイントの状況などによって分けられる。

様々なウキの種類

それでは実際に、ウキにはどんな種類のものがあるのか、解説していこう。

棒ウキ

棒ウキは波が静かな湾内での釣りに適している。

細かいほど感度が良くなるものの、風が吹いたり波が出るとアタリがわからなくなるというデメリットがある。

一般にオモリがないと棒ウキは立たないが、ウキ自体にオモリが埋め込まれている自立ウキというタイプも存在する。

自立ウキはダンゴを使ったクロダイ釣りなどに適している。

丸ウキ

丸ウキの主流は、メジナ釣りなどに使われる円錐ウキだ。

感度は棒ウキの方がよいが、風や波の影響をほとんど受けないため、磯釣りに適している。

円錐ウキには中通しウキと環つきウキの2タイプがある。

中通しウキは縦にミチ糸を通す穴があけられているもので、環つきウキはウキの下についている環にミチ糸を通す。

この他、ノベ竿のハゼ釣りなどで使われる固定式の丸ウキなどがある。

遠投用ウキ

遠投用のウキは20~30mほど投げて、沖を回遊する青物などを狙う仕掛けに使う。

中通しのものと環つきのもの、オモリが内臓されているもの

遠くに投げても見やすいように、羽根がついているものなど、様々なものがある。

ウキの浮力

ウキはオモリと微妙な関係で成り立っていて、ウキの浮力はオモリの号数でカウントされる。

例えば3Bというウキは、3Bのガン玉(オモリ)までの重さなら浮くことができるということだ。

オモリの重さは、どの深さのタナを探るか、ということにも関係する。

3m程度のタナを探るにはBのガン玉で良いが、潮流の影響などでBでは10mのタナまでエサを沈めることはできない。

目安として、10mのタナを探るのは5B~6Bのオモリが必要とされ、ウキもそれに合わせて5~6号を使わなければならない。

オモリの重さと、浮力のバランスで攻めるタナが違ってくるのだ。

青物、大物狙いの遠投用のウキには、10~20号のオモリ負荷のタイプもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です