【釣りの匠】美味しいタイ刺しが食べたいならコレを見ろ!!タイの釣り場や釣り方のポイントをご紹介。タイラバ編。

釣り味・食味で海釣りを代表する『マダイ』。

今回はそんなマダイを、タイラバで釣る方法についてご紹介していこう。

マダイの特徴や釣り場については、前回ご紹介した「コマセ釣り編」を参考にしていただけると幸いだ。

タイラバ(インチク)

タイラバはマダイの伝統漁法の1つで、鉛玉(ヘッド)に2~5cmほどのハリスをつけ、エビなどのエサの代わりに、ビニールやブラックバス釣りのラバージグを付けたルアーを使う。

いわば和製のルアーフィッシングだ。

別名「タイカブラ」とも呼ばれているが、エビエサで釣る伝統的タイカブラと混合されるため、今回は「タイラバ」として取り上げていく。

一方、山陰地方に伝わるマダイ漁の伝統漁具が「インチク」。

インチクもタイラバと同じ和製のルアーフィッシングで、タイラバと同じような目立つビニールなどがつけられている。

ポイントはコマセ釣りと同じ

タイラバ、インチクともにマダイ釣りに使われる仕掛けだが、どちらかと言えばタイラバはマダイ向き、インチクは青物に適しているとされる。

釣り場は、船のコマセ釣りのポイントと同じで、船を流しながら釣る「流し釣り」が一般的だ。

仕掛け

竿 タイラバ専用ロッド。

またはオモリ負荷20号程度で2.1~2.4m、先調子で魚が掛かると胴にしっかりとのるような竿。

バスロッドでも良いだろう。

リール&ライン 小型電動リールにPE1.5~2号を200m以上巻いたもの。
ショックリーダー フロロカーボン4~5号を3~4m
その他 竿置き
タイラバ 60~100gのタイラバ。

色の違うタイプを3~5種類、替え用のラバーも用意しておきたい。

タイラバのポイント「微妙なアタリに対応する」

リールは一定スピードで巻く

船での流し釣りが基本。タイラバを投入したらサミングしながら落とし、着底後は素早く糸フケを取る。

糸フケを取ったら、ゆっくり一定のスピードで巻きあげる。

巻き上げのスピードは1秒間に1m程度。

一定のスピードで巻きあげるのが1番のコツだ!

手巻きリールだと船の揺れなどで巻くスピードが変わってしまいがちだが、電動リールを使用すると、揺れを体でかわしながらほぼ一定のスピードで巻きあげることができる。

中層付近まで巻いてもアタリが無ければまた落とす。

タイラバ釣りは基本的にこの繰り返しとなる。

大きなアタリまで我慢!

アタリは最初、ゴソゴソ、コンコンなどと、ラバースカートやタコベイトをかむような感触が手に伝わってくる。

このときにアワセないで、竿先を下げたらゆっくりと同じスピードで巻き続けることが大切だ。

数秒間、ゴソゴソとしたアタリが続くと、グンッという強いアタリがある。

魚が完全にのったら大きく竿を立ててアワセを入れる。

アワセが弱いと水面でバレてしまうことがあるので要注意だ。

タイラバで、マダイとともに釣れる魚としては、「マハタ」「ホウボウ」「カサゴ」などの根魚の他、「イナダ」「カンパチ」などの嬉しくなるような魚も多い。

インチクを使用する場合は、巻き上げスピードをタイカブラよりもやや早くするのがポイントだ。

タイラバの入門動画がコチラ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です