【安全第一】みなさん、ライフジャケットの着用は義務ですよ!!平成30年から全面義務化になりました。

国土交通は平成30年2月から【すべての小型船舶乗船者】にライフジャケットの着用を義務化すると発表しました。

乗船者にライフジャケットを着用させなかった船長は法律違反者となり、最大6ヶ月の免許停止処分となります。

法律を違反するとどうなるの?

乗船者にライフジャケットを着用させなかった船長(小型船舶操縦者)には、違反点数2点が加点され、再教育講習の受講が必要となります。

再教育講習は強制ではありませんが、受講した場合は違反点数から2点が減点されることを覚えてきましょう。

違反点数が累積して行政処分基準に達すると、最大で6ヶ月の免許停止処分となるので要注意!!

ライフジャケットの着用義務が除外されるパターン

上記でご紹介したように平成30年2月から、小型船舶に乗る人にもライフジャケットの着用が義務化されました。

ただ、場合によってはライフジャケットの着用義務が適用除外、または着用努力にとどまるケースがあります。

以下にそれらのケースを記載したので、必ず確認しておきましょう。

着用義務適用外

  • 船室内にいる方
  • 命綱を装着している方
  • 船外で泳ごうとする方
  • 専用装備で海上スポーツをする方(ウェイクボードなど)

着用努力にとどまる

  • 防波堤内の係留船上にいる方
  • 船長が定めた安全場所にいる方
  • 安全措置が講じられた船上における神事等
  • 安全措置が講じられたヨットレースの競技を行っている方

ライフジャケットの着用で生存率が2倍に!

国土交通省のデータを見てもわかる通り、ライフジャケットを着用すると、もし海に落水してしまった場合でも生存率が2倍以上にあがります。

ライフジャケットでつながったいのち

どんなライフジャケットを着用すればいいの?

ライフジャケットには「水中で浮き上がる力が7.5kg以上あること」「顔を水面上に維持できること」など、多くの安全基準が定められています。

国土交通省が試験を行って、安全基準への適合を確認したライフジャケットには必ず【桜マーク】がついていますので、この桜マーク(型式承認試験及び検定への合格の印)がついているライフジャケットを着用するようにしましょう。

桜マークがないと着用義務違反!?

桜マークなしのライフジャケットはいくら着用していても、着用義務違反と判断されてしまいます。(着用義務が除外されるケースは除く)。

桜マークのないライフジャケットでは、国の安全基準に適合しているものかどうかを判断できないからなんです。

小型船舶以上の船に乗船する前に、自分のライフジャケットに桜マークがあるか確認しておくようにしましょう。

まとめ

今回は、ライフジャケットが平成30年2月から全面着用義務になったことを解説してきました。

釣りをする方でも、あまりライフジャケットの着用を意識しない方がたくさんいらっしゃいます。

でも、落水してしまってから後悔するのじゃ遅いんです!!

自分の身のために、そして家族や友人、恋人や子どものためにも、ライフジャケットは必ず着用するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です