【画像アリ!!】世界最大記録のブラックバスは、日本のアノ場所で釣れていた!!でもこれって生態系の乱れじゃない??

世界最大記録を持つブラックバス

釣りの普及を図り、釣魚の記録認定を行う「国際ゲームフィッシュ協会」(本部・米フロリダ)は8日、昨年7月に琵琶湖で釣り上げられた10・12キロのブラックバスを世界最大(タイ記録)に認定した。

釣り上げたのは、愛知県春日井市の会社員栗田学さん(33)。
これまで世界最大は1932年に米ジョージア州の湖で釣り上げられた10・09キロだった。2オンス(約56・7グラム)以上の差がないため、規定により、タイ記録となったという。

琵琶湖の大物は昨年7月2日、生き餌のブルーギルを使って釣り上げたもので、体長73・5センチ。釣り歴18年の栗田さんは、日本時間の9日未明、インターネットで同協会の発表を見た。77年ぶりとなる快挙に「世界記録はずっと狙っていた。

そんな魚がいる琵琶湖で釣りができるのは素晴らしい」と話した。

魚は剥製(はくせい)にしており、釣り具店のイベントなどで展示するという。(国際部 寺口亮一)

引用:読売新聞

世界最大と認定されたブラックバスを持ち上げる記録保持者。
体長73.5センチ 重量10.9キロ
2009年7月2日 滋賀県 琵琶湖で撮影された。

それにしても、でかい・・・

世界最大のブラックバスが日本で釣れたことは、単純に考えると嬉しいことなのかもしれない。

しかし逆に考えると、これは日本の生態系が乱れてきている証拠なのではないだろうか。

これからますます大きなブラックバスが釣れるようであれば、日本の環境を保護するための対策が必要であるといえるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です