【知識】ルアーをバスが食う理由を、あなたは本当に知ってる??ルアーって生き物に似てないじゃん。

休日、仕事終わりに行うレジャーと言えば、「釣り」がある。

この記事を読んでいる人ならほとんどの人が、この「釣り」を楽しんでいることだろう。

しかし、あなたはルアーを魚が食う理由を本当に知っていますか?

そこで今回は、生き物にそれほど似てもいないルアーを、どうして魚が食いつくのか、解説していこう。

ルアーを魚が食う理由

ルアーは疑似エサ(疑似バリ)の一種で、金属製や木製、プラスチック製などの物体に、騙された魚が食いついてくる。

そこにハリがついているので、釣り人は魚を釣り上げることができるというわけだ。

ちなみに疑似エサには毛鉤(フライ)、スッテ、エギ(餌木=イカ釣り用の疑似エサ)、タイラバ、インチクなどの種類があるが、それ以外のものが一般的にルアーとされている。

では、魚はなぜ疑似エサに騙されるのだろうか。ルアーで釣れる魚は、魚や小動物を食べる魚=フィッシュイーターが多く、ブラックバスはその代表格と言える。

つまりルアーは小魚や小動物を模したものというのが基本的な考えだ。

魚やカエル、ミミズなどの生き物に模してつくられたルアーは、釣りを知らない人が見ればいかにもつれそうな形をしているが、実際にはそれほど似ていると言えるだろうか。

ましてや、金属片とワイヤー、それにゴムなどを組み合わせた「スピナーベイト」はどんな生き物にも似ていない。

でも実際に水中で引いて見れば、その理由がわかる。キラキラと輝くその正体は、生命観のある動きをする、小動物と化しているのだ。

そこでおさえておきたいのが、バスの本能を刺激する最も大きな要素は『視覚』であるということ。

「じゃぁ小魚や小動物に似てないと、食ってもらえないじゃん」と思う方も多いだろう。しかし、そういうわけでもないのが現実である。

前述したスピナーベイトは、ブレード(金属片)が回転することで、キラキラと輝き、ブラックバスには小動物の群れに見えている。

さらに、バスにとってはスピナーベイトが発する振動も、惹きつけられる要素となっているようだ。

その他にブラックバスの、急に視野に飛び込んできたものを思わず口にくわえてしまう反射的な行動や、侵入者を排除するために口を使うなど、食欲に基づかない行動で、ルアーを口にするケースがとても多くある。

こうしたバスの本能に基づく行動を利用して、さまざまなルアーでバスをキャッチするのがバスフィッシングなのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です