【非常識!!】魚の命を粗末にする、マナーを守れない人間を排除せよ!!放置して帰るなんてありえない・・・。

先日フェイスブックで以下のような画像がシェアされていました。

ショアジギングなどでシイラの数釣りを楽しんだのでしょう。

ただ、釣ったのは良いものの、持ち帰りもせず放置し、その後干からびて一部が鳥などに食べられた形跡があるようです。

この写真を投稿した山田さんがおっしゃっている通り、わざわざ魚の向きを並べてまで放置しているのは、人間としてどうなのかという感情が沸き上がってきます。

おそらく釣り上げた時には持って帰ろうと思っていたのでしょう。なんとも身勝手な行為だと感じますね。

全国各地で魚の放置が行われている

まずは人としてのモラルの問題

狙った魚、小さな魚、外道の魚、どんな魚でも関係ありません。

人としての心を持っているなら、常識的に「魚を放置することの意味」を理解できるでしょう。

目の前で生きている魚を釣り場に放置する行為は、魚にとってはいわば『拷問』と同じです。

まずは一人の人間として、自分のモラルをもう一度見直してみてください。

釣った魚を放置するのは不法投棄になることも

釣った魚をその場に放置して、公共の場を汚し他者の迷惑になることは、『不法投棄』として捉えられてもおかしくありません。

釣った魚を放置すると、海鳥や猫が食べない限りは、腐敗して悪臭を放ちます。

とくに毒魚の場合は、海鳥なども一切食べに来ませんので、そっくりそのまま堤防でミイラ化していきます。

フサフグやキタマクラの放置はよく見るのではないでしょうか。

また、以下の方がおっしゃっている通り、放置した魚が毒魚の場合、知識のない釣り人や子供、また魚を見慣れていない散歩中の犬が触れて、体に被害が及ぶ原因になってしまいます。

放置された魚の悪臭は、釣り場で流されなかったコマセの放置と同様、釣り人・漁業関係者・一般人・観光客など、すべての地域住民にとって、迷惑極まりない行為となります。

その結果、今では釣りが認められている漁港でも、『釣り禁止』『立ち入り禁止』のスピードがはやまることは、間違いないでしょう。

魚の放置は絶対にやめるべき行為です。

関連記事:【釣り禁止】今、釣りを禁止する漁港が増えている深いワケ。いったいどうして。

どんな魚でもひとつの命

先ほども言いましたが、小さな魚も、あなたが狙った獲物以外の魚も、みんな生きています。

これまで釣った魚をそのまま放置して帰るという、モラルのない行動をしたことがある人たち

海に返すこともなく、食べるわけでもなく、放置するなんて、あんまりではないでしょうか・・・

同じ外道が再度食ってこないように、陸に上げたままにしている人もいるのかもしれませんが、どんな魚も生きています。

また、そのまま放置していると、カラスや海鳥が集まってきて、さらに釣り場が汚れていってしまいます。

外道の魚も毎日必死に生きているんです!

元気なうちに優しくリリースしてあげるのが、釣り人として、そして一人の人間としての最低限のモラルではないでしょうか?

 

関連記事:【危険!!】釣り人のマナー違反が止まらない。『電線から垂れ下がった釣り糸』が原因で、男子中学生がケガをしていた!

【FISHINGERラボ】公式Twitterでは、この記事についてみなさんに知っていただけるよう努めてまいりますので、ぜひみなさんも拡散していただけたら幸いです。

釣り好きのためのFISHINGERラボTOPページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です