【衝撃!!】『ブルーギル』はすべて天皇陛下が持ち帰ったものであると判明!!天皇陛下が謝罪も!?

ブルーギルの衝撃的な事実がコチラ!

現在国内で猛繁殖をしている外来魚「ブルーギル」は、天皇陛下が皇太子時代の1960年に、米シカゴ市長から贈られた15匹の子孫であることが、三重大学生物資源学部の河村功一准教授(水圏資源生物学)らによるミトコンドリアDNAの分析により明らかになったそうなんだ。

ブルーギルは体長10~20センチの北米原産の淡水魚。主に肉食で、繁殖力が強い。

河村准教授らは、生態系を脅かすブルーギル駆除のため、遺伝子の特徴を調べるよう水産庁から依頼を受け、全都道府県の56地点で計1398匹、原産地・米国の13地点で計319匹を採取し、ミトコンドリアDNAの塩基配列を解析した。

その結果、国内で採取したすべてのブルーギルの塩基配列が、1960年に陛下に贈られたブルーギルの捕獲地・アイオワ州グッテンベルグの1地点で採取したものと、完全に一致したそうなんだ。

ブルーギルは陛下の帰国と同便で持ち帰られ、食料増産を図る目的で、水産庁淡水区水産研究所が繁殖を試みた。

その後、滋賀県と大阪府の試験場に数千匹が分け与えられたほか、本州や四国、九州の湖に放流されたが、食用としては定着せず、繁殖しながら分布域を広げていった。

河村准教授によると、現在、全国での生息数は数億匹に上るとみられる。大繁殖の結果、琵琶湖ではニゴロブナなどの漁獲量が激減したという。

陛下は2007年11月の「海づくり大会」式典で、ブルーギルの繁殖が問題となっていることに触れ、「心を痛めています」と述べられた。

同年12月の記者会見では、釣った魚を放す「キャッチ・アンド・リリース」で繁殖したとの認識を示すとともに、「食材として利用することにより繁殖を抑え、日本で生活してきた魚が安全に育つ環境が整えられるように」との願いを語られた。

河村准教授は「当時は、食料難を解決するため、国の政策として養殖を目指した経緯があり、繁殖はやむを得ない面がある。15匹から大繁殖した教訓を生かし、生態系を脅かす外来種が入らないよう徹底しなければならない」と話している。

まあ、密輸でもしない限りは、生きた魚を外国から持ってくるのは難しいわけだから、この結果はある程度予想できていたことなんだけど、生態系っていうのはちょっとしたきっかけでどんどん狂っていくから、生態系を利用して何かをしようというときには気をつけないといけないね。

引用:カラパイア

天皇陛下が謝罪

なかなかないことなのですが、このブルーギルの問題について天皇陛下が謝罪しています。

ブルーギルは50年近く前、私がアメリカから持ち帰り、水産庁の研究所に寄贈したもの。食用魚として期待が大きく養殖が開始されましたが、今このような結果になったことに心を痛めています。

ブルーギルの起こしている問題を考えると謝らければいけないのもわかります

しかし、勘違いしてはいけないのが「天皇陛下は迷惑をかけて放流したわけではなくて食用としての期待があったからこそもらって繁殖させた」のです。そこだけは絶対に間違ってはいけないところですね!

Twitterの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です