【動画アリ!!】鳥でも食べちゃう獰猛すぎる魚「GT」!!正式名【ロウニンアジ】迫力ある衝撃映像。

鳥が魚を食べることはありますが、魚が鳥を食べるなんて聞いたことがありませんよね。

しかし、世界には飛んでいる魚まで食べちゃう獰猛な魚が存在するんです!!

今回は、そんな獰猛な魚「GT」!正式名称【ロウニンアジ】の怖すぎる衝撃映像をご紹介していきます!

【ロウニンアジ】の怖すぎる衝撃映像

ロウニンアジが鳥を捕食する衝撃映像がコチラ!

水にぷかぷか浮いている鳥が、一瞬で魚にたべられちゃうなんて・・・。まさに衝撃映像です。

さらには、浮かんでいる鳥だけでなく、飛んでいる鳥までも食べてしまいます。

捕食の瞬間は、口をできる限り大きく開け、鳥を丸呑みにしてしまいます。

こんなにもキレイな海とキレイな空には似合わない、ちょっとグロテスクな映像ですね。

獰猛すぎる魚「GT」!正式名称【ロウニンアジ】っていったいどんな魚?

ロウニンアジ(浪人鯵、学名 Caranx ignobilis )は、スズキ目アジ科に属する海水魚の一種。インド太平洋の熱帯・亜熱帯海域に分布する大型肉食魚である。

アジ類の最大種でもあり、釣りの対象として人気が高い。

和名は、単独行動する大型個体を浪人武士に見立てたものである。また、いかつい顔に前鰓蓋骨の線が入っている様子を、切り傷跡のある浪人に見立てたという説もある。

スクーバダイビングや釣りの愛好家の間では英名をそのまま使って “Giant trevally” (ジャイアント・トレヴァリー)、さらに頭文字をとって “GT”

(ジーティー)とも呼ばれる。他に地方名としてメッキ(若魚・混称)、ヒラアジ/エバ(各地・混称)、マルエバ(各地)、カマジャー(沖縄)、ガーラ(宮古島)などがある

成魚は全長180cm・体重80kgに達する。ギンガメアジ、カスミアジ、オニヒラアジなど大型種を含むギンガメアジ属でも最大種である。第二背鰭の軟条数が18-20である点で、同属種のオニヒラアジ(21-23)と区別できる。

引用:wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です