【参考動画アリ!!】マスターしたら自慢できるレベル!!『ビッグベイト』の詳しい情報についてまとめてみました。

ランカーバスを魅了するさまざまな種類のビッグベイトたち。

今回はそんなビッグベイトの特徴や種類、さらには必要なタックルから使い方についてまで解説していこう。

そもそもビッグベイトとは?

 

ビックベイトを日本語に直訳すると「大きなエサ」という意味で、明確な基準はないが全長15cm以上のルアーが一般的にビッグベイトと称される。

30cm級のビッグボディのルアーは重量も大きく、200gを軽く超えるものまである。

ビッグベイトは決して安いルアーではないし、専用のタックルも必要となるので少し敷居が高いが、大きいルアーにヒットするバスは大きいと信じて挑戦してみよう。

ビッグベイトの優れている点は、強い波動による高い集魚力とリアルな動き、そして何より圧倒的な存在感だ。

ビッグベイトが演じる弱った魚は、大型のバスにとっては満腹感を得られる格好のターゲット。

バスは威嚇行動でもアタックしてくるので、タダ巻きで目の前を通すだけでも効果がある。

あらゆるフィールドで実績をあげているビッグベイトだが、その重さゆえに1日中フルキャストすれば相当な体力を消耗することは覚悟しなければならない。

他のルアーとローテーションすることを前提に、反応を見るためのサーチベイトとして活用しても良いだろう。

ビッグベイトの種類

ビッグベイトを材質からジャンル分けすると、プラスチックまたはウッド製のハードベイトと、ソフトな材質のスイムベイトなどに大別できる。

ハードベイトにはリップの有無、ジョイント(連結)の有無、浮力設定が異なる製品があるが、形状はアユのようなスリムなシルエットか、ブルーギルのような体高のある魚を模したものが大半だ。

ジョイントのあるルアーは水中で大きく「Sの字」を描くアクションを得意とし、S字系と呼ばれる。

S字系がしっかりと動くのに対し、より控えめなアクションで自然に誘うタイプが直線の軌道を描くI字系。

最初に選ぶビッグベイトは、水面を波打ちながら泳ぐS字系のフローティングタイプが良いだろう。

フローティングタイプなら、板オモリを貼ってスローシンキング、サスペンドにチューニングすることができる。

カラーに関しては、超リアルなナチュラル系の人気が高いが、マッディウォーターに対応できるアピール系のカラーも押さえておきたい。

タックル

100~300g級の大型ビッグベイトをキャストするためには、XXHクラスのロッドが必要。

50~150gのルアーを使う場合でXHクラスが目安となる。

S字系ハードビッグベイトをジャークさせる場合には張りのあるロッド、ソフトスイムベイトには食い込みの良いロッドが適している。

超大物がヒットすることも踏まえて、リールに巻くラインは20lb以上としたい。

ラインに関しては、ほとんど伸びがないPEラインはロッド操作がシビアになることから、初心者には扱いやすいナイロンラインか、根ズレに強いフロロカーボンがオススメである。

ビッグベイトの使い方

ビッグベイトを使うコツは、どんどんランガンして回り、数多くのポイントを撃つこと。

1か所で粘るのは、決して得策ではない。

警戒心の強いモンスターサイズが潜むカバー絡みのポイントを狙うのが基本だが、強力な集魚力を活かしてオープンウォーターエリアを広範囲に探っても良いだろう。

基本的にタダ巻きで釣れるが、トップウォータープラグのように、時折ポーズを入れて食わせの間を与えるのも有効。

タダ巻きのスピードは、弱ったベイトを演出してスローに誘うのが基本で、これで見切られるようなら速いリトリーブを試してみよう。

ルアーの動きが悪い場合、その原因はラインの張りすぎにある。

適度にテンションを抜いてやることで、ルアー本来の動きを引き出せる。

ミノーやクランクベイトのようなリップ付きのビッグベイトは、トゥイッチしても移動距離が少なく、じっくりとバスに見せることが可能。

リップレスタイプでジョイントタイプのビッグベイトは川バスにも有効で、流れに乗せてドリフトするパターンでも威力を発揮する。

リアルさが追及されたギル系のビッグベイトは、これぞマッチ・ザ・ベイト。1年を通して大型が釣れるが、バスがギルを意識する春が特に有効だ。

サーチベイトとしても優秀で、反応したバスが食うまでに至らなければワームでフォローすることでヒットに持ち込もう。

大きいルアーは着水音も大きくなりがちなので、バスを驚かさないためにはショートキャストで正確に狙うか、ポイントの沖へ遠投して、遠くからアプローチしてくると良いだろう。

ジャークを加えると強い波動とイレギュラーなアクションを生じるので、強くアピールしたい場面で試してみよう。

参考にしてほしいビッグベイトの動画がコチラ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です